コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キバシリ(木走)(読み)キバシリ(英語表記)treecreeper

世界大百科事典 第2版の解説

キバシリ【キバシリ(木走) treecreeper】

スズメ目キバシリ科の鳥(イラスト)。全長約14cm,キツツキ類に似たかっこうをして幹にとまり,キツツキ同様尾の羽軸も堅い。だが,くちばしは細くて湾曲しており,あしゆびは,ふつうの小鳥と同じく,前に3本,後に1本ある。体上面は焦茶と白のまだら模様,下面は白い。アジア,ヨーロッパ,北アメリカのそれぞれおもに中緯度地方に広く分布しており,日本では北海道,本州,四国のおもに亜高山帯に生息している。針葉樹林にすみ,幹を下から上へとらせん状に登りながら,樹皮表面や割れ目にいる昆虫やクモをくわえとって食べる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android