コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリアイ キリアイLimicola falcinellus; broad-billed sandpiper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリアイ
Limicola falcinellus; broad-billed sandpiper

チドリ目シギ科。全長 15~18cm。夏羽(→羽衣)では頭部は白い中に黒い頭央線と頭側線,赤色がかった褐色の過眼線が縞模様になる。喉から胸,脇は白地に黒斑がある。背と雨覆羽は各羽の中央部が黒く,縁が白色か栗色で,うろこ模様になる。腹は白い。は黒く,先がわずかに下に湾曲する。脚も黒い。尾は灰褐色で,腰は中央が灰褐色で脇が白い。冬羽は背面が灰色から灰褐色になり,腹面は白いが,頸側,胸に淡い灰褐色の縞模様がある。スカンジナビア半島,ロシア北極圏中央部のオビ川エニセイ川流域,東部のコルイマ川流域で繁殖する。繁殖後は東アフリカ中央部,アラビア半島パキスタンインド南東部,バングラデシュからタイワン(台湾)フィリピンインドネシアからオーストラリアの沿岸地方に渡って越冬する。日本には,春秋の渡りの時期に渡来し,干潟や河原などに見られるが,数はそれほど多くない。(→渉禽類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キリアイ【broad‐billed sandpiper】

チドリ目シギ科の鳥。くちばしの先が少し下に曲がった小型のシギ。ユーラシア大陸の北部で繁殖するが,シベリアでは巣や卵が発見されていない。冬はアフリカ,インド,東南アジア,スンダ列島,オーストラリアなどに渡る。日本には旅鳥として春秋に渡来し,海岸や河口の干潟,入江などに見られるが多くない。全長約17cm。頭頂は黒褐色,背は黒褐色と赤褐色の斑,白色の眉斑は眼の上で二つに分かれている。下面は白く,くび側から胸側には黒褐色の斑がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キリアイ
きりあい / 錐合
broad-billed sandpiper
[学]Limicola falcinellus

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。ユーラシアの北部で繁殖し、冬は南へ移動する。日本には旅鳥として春や秋に渡来するが、数は多くない。全長約17センチメートル、翼長約10.5センチメートル、嘴(くちばし)は長めで先が下に曲がっている。体の上面は黒褐色、下面は白色で胸に褐色の縦斑(じゅうはん)がある。干潟、入り江、海岸に近い水田にすみ、小動物をあさる。トウネンやハマシギの群れといることが多い。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キリアイの関連キーワード高野伸二

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android