コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クチャ

世界大百科事典 第2版の解説

クチャ【Kucha】

中国,新疆ウイグル自治区にある同名県の県都。中部天山の南麓,クチャ川とムザルト川とが平地に流れ出たところに位置した天山南麓オアシス群の一つ。古来,南のホータンと並びタリム盆地内の有力な都城であった。漢・唐並行の時期にはクーチーとよばれ,中国では亀茲(きじ),丘茲,屈茲,邱慈,屈茨,苦叉,曲先,俱支囊などと表記された。647年に唐が滅ぼすまで王姓は〈白〉で,都城は漢・南北朝に延城,唐代に伊邏廬城と記され,アーリヤ人に属する民族がインド・ヨーロッパ語系のトカラB語を用いていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クチャ
くちゃ / 庫車

中国、新疆(しんきょう/シンチヤン)ウイグル自治区の天山(てんざん/ティエンシャン)南麓(なんろく)、西域(せいいき)北道のほぼ中間に位置するオアシス都市。亀茲(きじ/きゅうじ)の名で漢代の記録にみえ、匈奴(きょうど)や後漢(ごかん)に服属したこともあるが、2世紀以後は独自の発展を遂げた。発掘された文書によって、クチャでは唐代までインド・ヨーロッパ語に属するトカラB語(クチャ語)が用いられていたことがわかっている。唐代には一時、唐や吐蕃(とばん)の支配を受け、9世紀以降ウイグル化した。クチャの王家(漢代以来、白姓を名のる)は仏教を手厚く保護したため、クチャ周辺には数多くの仏教遺跡がある。キジル、クムトラなどの石窟(せっくつ)寺院址(し)には、主として5~9世紀の壁画が描かれている。またクチャ北方のスバシ伽藍(がらん)址で日本の大谷(おおたに)探検隊が発掘した木製布張り舎利(しゃり)容器は、円錐(えんすい)形の蓋(ふた)と箱の胴部に、楽器を演奏し舞踊する人物とエロスなどが描かれている優品である。これは古来、亀茲楽の名で中国や日本にも知られたクチャ音楽の演奏場面を示すものとして興味深い。[林 俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クチャの関連キーワードアルバート グリュンウェーデルクムトゥラ(庫木吐剌)マンスール(満速児)アクス(阿克蘇)地区クズルガハ烽火台キジル(中国)ショルチュクキジル千仏洞カラシャールオアシス都市ウイグル文献大谷探検隊安西都護府キジル石窟ル・コックスバシ古城西域仏教西域都護トカラ語安西四鎮

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クチャの関連情報