コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラレンドン クラレンドン Clarendon, George William Frederick Villiers, 4th Earl of

3件 の用語解説(クラレンドンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラレンドン
クラレンドン
Clarendon, George William Frederick Villiers, 4th Earl of

[生]1800.1.12. ロンドン
[没]1870.6.27. ロンドン
19世紀のイギリスの政治家。自由党内閣の外相を歴任。パーマストン内閣の外相として 1858年,アロー戦争での武力行使を是認した。ラッセル内閣の外相として,薩摩藩士松木弘安と接見し,日本国内諸雄藩が貿易参加を希望している実情を知り,慶応2 (1866) 年2月,駐日公使 H.パークスに,日本の国内変革に対する厳正中立の維持を訓令した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クラレンドン

英国の政治家。メアリー2世の外祖父。1640年議員(長期議会)となり当初は改革派に属したが,ピューリタン革命開始後は国王側につき,皇太子チャールズ(のちチャールズ2世)とともにフランスに亡命。
→関連項目クラレンドン法典

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラレンドン
くられんどん
Edward Hyde1st Earl of Clarendon
(1609―1674)

イギリスの政治家。ピューリタン革命直前の議会で王の専制を非難したが、のち国王支持に傾き、革命中は国王派として戦い、敗れて皇太子チャールズ(後のチャールズ2世)とともに亡命。亡命中に皇太子の重臣となり、1660年王政復古により帰国、貴族に列せられるとともに、新王チャールズ2世の最高政治顧問として政治を指導した。議会は国教の安定を図って、クラレンドン法典と称される厳しい非国教徒弾圧法を定めた(1661~1665)が、彼自身は消極的で宥和(ゆうわ)政策に努め、そのため不満を招き、1667年第二次イギリス・オランダ戦争の失敗から失脚、亡命。二度の亡命中に、国王派によるピューリタン革命史『大反乱史』を完成した。[松村 赳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラレンドンの関連キーワードロンドン会議ロンドンアイロンドンパープルロンドンブーツロンドン交響曲ロンドン橋落ちたどんどんドメルとロンどんどん どんどんロンドンジンロンドンドライジン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラレンドンの関連情報