コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワイン クワイン Quine, Willard van Orman

6件 の用語解説(クワインの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クワイン
クワイン
Quine, Willard van Orman

[生]1908.6.25. オハイオ,アクロン
[没]2000.12.25. ボストン
現代アメリカの論理学者。ハーバード大学卒業 (1932) 後,主として同校で教鞭をとり,1948年同大学哲学教授。特にシンボル論理学の改訂を企て,その基礎を哲学的原理より離し,純粋に数学的方法に基礎づけられた学問にしようと考え,A.ホワイトヘッド,B.ラッセルなどのタイプ理論を援用し,主著『数学的論理学』 Mathematical Logic (1940) を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クワイン(Willard van Orman Quine)

[1908~2000]米国の論理学者・哲学者。ハーバード大教授。論理実証主義を批判し、記号論理学の分野に大きな功績を残す。また、分析哲学では独自の世界を構築した。著「論理的観点から」「ことばと対象」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クワイン

米国の論理学者,哲学者。ハーバード大学で長く教え,アメリカ哲学界の最長老。ラッセル,ホワイトヘッド,カルナップらに学び,数理論理学の革新に寄与したほか,論理実証主義批判を通じて独自の意味論,存在論を提唱した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クワイン【Willard van Orman Quine】

1908‐2000
アメリカの論理学者,哲学者。長くハーバード大学で教え,現代アメリカを代表する哲学者の一人。数理論理学でも独自の論理体系をつくったが,若いころ影響を受けたカルナップ等への批判を通じて,独自の意味論と存在論を構築するに至った。外界を叙述するための言語として数理論理学の言語に理想的枠組をみて,日常言語をこれに合うように再組織しようとする。そして存在の構造はこのような言語で原理的に語れるとする。哲学者がいかなる存在論をとっているかは彼の使う言語からわかると考えるが,いかなる存在論をとるべきかについては叙述の便宜以外の規準は認めない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クワイン【Willard van Orman Quine】

1908~2000) アメリカの論理学者・哲学者。数理論理学の言語に理想的な枠組みをみる立場から、独自の意味論・存在論を展開。著「言葉と対象」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クワイン
くわいん
Willard Van Orman Quine
(1908―2000)

アメリカの論理学者、哲学者。オベリン大学卒業、ハーバード大学大学院修了。1930年代ウィーンに遊学し、論理実証主義者と交わる。ハーバード大学で長く教え、のちに同大学名誉教授。集合論の公理系を二つ(それぞれNF、MLの略称で知られる)提出した。また、論理学の研究から示唆を得て、「存在するとは、変項の変域に入ることである」とする、有名な存在論的なテーゼをたてた。存在論のうえでは唯物論、認識論のうえではプラグマティズムの流れに属する。分析哲学の世界では、きわめて影響力の大きい大御所であった。来日したこともあり、日本の哲学者のなかにも弟子が多い。著書は多数あるが、『論理学的観点から』(1953,1961, Harvard University Press)が、小冊子ながらその哲学への入門に適している。[吉田夏彦]
『中山浩二郎・持丸悦郎訳『論理学的観点から――9つの論理・哲学的小論』(1972・岩波書店) ▽W・O・クワイン著、杖下隆英訳注『現代論理入門――ことばと論理』(1972・大修館書店) ▽W・V・O・クワイン著、大出晁・宮館恵訳『ことばと対象』(1984・勁草書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクワインの言及

【分析哲学】より

…哲学的問題に対し,その表現に用いられる言語の分析から接近しようとする哲学。論理分析logical analysis,哲学的分析philosophical analysisともいう。言語の分析にかぎらず広く言語の考察から哲学的問題に迫ろうとする哲学をすべて〈分析哲学〉と呼ぶこともあるが,これは不正確である。 言語分析は20世紀の初頭,B.A.W.ラッセルG.E.ムーアによって始められたといってよい。…

※「クワイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クワインの関連キーワードアメリカの学者デューイネーゲルラッセルアメリカの没落アメリカの影パール・ハーバー横浜ハーバースヴェーバーの法則(電磁気学)猿谷要

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クワインの関連情報