コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーロンの法則(静電気) Coulomb's law

法則の辞典の解説

クーロンの法則【Coulomb's law】

帯電物体間に働く静電気力について,フランスのクーロン(C. A. de Coulomb)が発見した法則.二つの点電荷相互間に働く静電気力の方向は,両電荷間を結ぶ直線上にあり,電荷が同符号ならば反発,異符号ならば吸引力となる.その大きさ F

で与えられる.

SI単位系に従うと,Q1Q2 はそれぞれの電荷(クーロン単位),r は相互距離(m),k は(1/4πε)に等しい.ε は誘電率である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

クーロンの法則(静電気)の関連キーワードクーロン(Charles Augustin de Coulomb)ビオ‐サバールの法則マクスウェルの方程式トーションバランスクーロンの土圧公式静電エネルギー電磁気の単位系クーロンの法則静電引力の法則CGS単位系真空の誘電率ガウスの法則ミッチェル摩擦の法則クーロン場電気陰性度静電単位系電磁単位系クーロン力逆二乗法則

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android