コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーロンの法則(静電気) Coulomb's law

1件 の用語解説(クーロンの法則(静電気)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

クーロンの法則【Coulomb's law】

帯電物体間に働く静電気力について,フランスクーロン(C. A. de Coulomb)が発見した法則.二つの点電荷相互間に働く静電気力の方向は,両電荷間を結ぶ直線上にあり,電荷が同符号ならば反発,異符号ならば吸引力となる.その大きさ F

で与えられる.

SI単位系に従うと,Q1Q2 はそれぞれの電荷(クーロン単位),r は相互距離(m),k は(1/4πε)に等しい.ε は誘電率である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クーロンの法則(静電気)の関連キーワード圧力運動量検電器斥力帯電電界電気盆反作用電気力クーロンの摩擦法則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone