コドン

化学辞典 第2版「コドン」の解説

コドン
コドン
codon

DNAの遺伝情報に従ってタンパク質が合成される場合,DNAがまずその塩基配列mRNAに移し(転写),そのmRNAの塩基配列が各タンパク質のアミノ酸配列を規定する(翻訳).このmRNAの塩基配列は3個のヌクレオチド連鎖(トリプレット)一組に対して1種類のアミノ酸が対応する.このトリヌクレオチド単位をコドンとよぶ.アデニン(A),グアニン(G),ウラシル(U),シトシン(C)の4種類の塩基があるので,コドンは全部で64( = 4 × 4 × 4)種類が存在し,そのどれがどのアミノ酸に対応するかはすでに明らかにされている.いくつかのアミノ酸についてはそれに対応するコドンが何種類も存在する.すなわち,遺伝コードは縮重している.しかし,UAA,UAG,UGAはどのアミノ酸とも対応せず,これらのコドンはタンパク質コードの読み終わりを規定するストップコドンである.これが見いだされた大腸菌突然変異体の名前から,それぞれochre,amber,opalの名で知られている.タンパク質コードの読みはじめに対応するコドンはAUGで,これに対応するメチオニンをN末端として,つねにタンパク質合成が開始される.大腸菌など下等生物では,このときのメチオニンはホルミル化されているが,高等生物においてはホルミル化を受けていない.タンパク質の合成が進むと多くの場合,このメチオニンはペプチダーゼの作用を受けて除かれてしまう.そのほかにAUGは鎖の中間のメチオニンにも対応する.mRNAのコドンに転移RNAアンチコドン部位が対応することによって,特定のアミノ酸配列をもつタンパク質が合成されるが,このときmRNAの5′末端側がタンパク質のN末端,3′末端側がC末端側に対応する.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「コドン」の解説

コドン
codon

遺伝暗号のこと。蛋白質アミノ酸配列を規定する核酸の構造 (塩基配列) をさし,連続する塩基 3個の 1組 (トリプレット) をいう。核酸の塩基成分は 4種類 (リボ核酸 RNAでは A,G,C,U。 デオキシリボ核酸 DNAでは A,G,C,T) なので,コドンの数は 43=64個となる。これで生体を構成する 20種すべてのアミノ酸,合成開始信号の一部,合成終了信号をまかなう。同一のアミノ酸を指定するコドンが複数あることもあり,これを縮退という。たとえば UUUと UUCはフェニルアラニン,CGU,CGC,CGA,CGG,AGA,AGGはすべてアルギニンのコドンである。UAA,UAG,UGAは終止コドン,AUGは開始信号 (蛋白質のアミノ末端のホルミルメチオニン) の一部であると同時に,普通のメチオニンのコドンでもある。コドンはメッセンジャーRNA (mRNA) の構造で表すため,DNAに保存される真の遺伝暗号とは相補的な関係にある。しかし,混乱を避けるため DNAの遺伝情報を表すときには,DNAの二本鎖のうち mRNAに転写される鎖とは相補的な鎖の構造で示す。したがって DNAのコドン表示は mRNAのコドンの Uを Tに替えるだけである。コドンはすべての生物で共通と思われたこともあったが,近年では例外も見出されている。たとえば,哺乳類のミトコンドリアでは UGAは終止コドンではなくトリプトファン,原始的繊毛動物では UAA,UAGはグルタミンを指定するコドンになるといった例外があり,標準的なコドンは必ずしも全生物に共通ではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「コドン」の解説

コドン
こどん
codon

遺伝暗号の最小単位。遺伝子核酸をつくる三つのヌクレオチドからなり、遺伝暗号翻訳のとき運搬RNAと結合し、アミノ酸を指定する。コドンは64種あり、そのうち61種は、タンパク質をつくる20種のアミノ酸のどれかを指定する。ほかの3種のコドン(UAG、UAA、UGA)はアミノ酸を指定せず、ナンセンスコドンとよばれ、タンパク質合成の停止信号となる。メチオニンのコドンであるAUGはタンパク質合成の開始信号としても働く。遺伝子DNAのコドンは伝令RNAに転写され、細胞質のリボゾーム上で運搬RNAのアンチコドン部位と結合する。運搬RNAは特定のアミノ酸を運ぶので、コドンの配列に従ってアミノ酸が連結され、遺伝子の指定するタンパク質が合成される。DNAの一つのヌクレオチドが突然変異によりほかのものと置き換わったり、欠失したり、挿入されたりすると、その位置のコドンが変わり、指定するアミノ酸が変化する。

[石川辰夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「コドン」の解説

コドン

〘名〙 (codon) 伝令RNA上の遺伝暗号の単位。三個の連続した塩基(トリプレット)からなる。塩基は四種類あるので六四種のトリプレットが存在し、これが二〇種類のアミノ酸と一定の対応関係を持つコドンとなる。このコドンに対応したアンチコドンを持つ運搬RNAが各種のアミノ酸を運んでくることにより、遺伝暗号が翻訳されてタンパク質ができる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「コドン」の解説

コドン(codon)

遺伝暗号の単位。遺伝情報を担う伝令RNAを構成する4種の塩基配列で、連続する三つの塩基が一組となったもの。4の3乗、すなわち64種のコドンができ、そのうち61種はアミノ酸を指定し、3種はナンセンスコドンとよばれ、終了を指定する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典「コドン」の解説

コドン

 トリプレット,トリプレットコードともいう.アミノ酸に対応する3個の塩基の配列.mRNAの塩基の配列をいい,それに対応するDNA,tRNAの塩基配列をアンチコドンという.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のコドンの言及

【RNA】より

…(3)さらに真核生物のmRNAが原核生物のmRNAと異なる点は,その多くが,特別な性質をもつ長い前駆体分子(heterogenous nuclear RNAと考えられている)として転写され,スプライシングの過程を経て完成することにある(詳しくは〈遺伝情報〉の項目の転写の部分を参照)。完成されたmRNAは細胞質内でリボソームと結合し,転移RNAの関与のもとに,3塩基ずつの単位(コドンcodon)で,順次アミノ酸の配列に翻訳されていく(遺伝情報の翻訳)。mRNAはリボソームRNAや転位RNAとは異なり,代謝的に不安定であり,細菌のmRNAは通常数分間程度で分解される。…

【遺伝暗号】より

…遺伝情報を担う核酸分子の塩基配列がタンパク質のアミノ酸配列に翻訳される場合の暗号のこと。暗号の単位をコドンcodonといい,核酸分子の隣接する3個の塩基の配列に対応する。通常この三つ組(トリプレットtriplet)は,塩基の頭文字をとったアルファベットの4文字(A,U,G,C)を三つ並べて表記する。…

【遺伝情報】より


[遺伝情報の翻訳]
 mRNAの塩基配列として転写された遺伝情報は,リボソーム上でアミノ酸の配列にうつしかえられるが,この過程を翻訳translationという。mRNA上の3個の塩基配列が単位となって,1個のアミノ酸を指定しているが,この3塩基からなる単位をコドンcodonと呼ぶ。コドンをアミノ酸に解読する過程には,tRNAが関与し,tRNA分子のアンチコドンanticodon部位の3塩基が,コドンの3塩基と相補的な対合をすることで解読が成立する(〈RNA〉の項目の転移RNAの部分を参照)。…

【タンパク質合成(蛋白質合成)】より

…おのおのの種類のタンパク質分子は,定まったアミノ酸配列をもち,配列順序に関する情報は,遺伝子DNA上に塩基配列として書き込まれている。1個のアミノ酸に関する情報は,3個の隣り合った塩基配列(トリプレット)として書かれ,この3塩基の連なりをコドンcodonと呼ぶ。例えば,100個のアミノ酸残基よりなる特定のタンパク質分子種を考えた場合,遺伝子DNA上の300塩基の連なりの部分が,このタンパク質のアミノ酸配列を規定する遺伝情報になっている。…

※「コドン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android