コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コバルトリッチクラスト コバルトリッチクラスト cobalt-rich crust

3件 の用語解説(コバルトリッチクラストの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コバルトリッチクラスト
コバルトリッチクラスト
cobalt-rich crust

マンガンクラストのうち,特にコバルトに富んだものをいう。コバルトリッチクラストは水深 800~2000mの比較的浅い海山の頂上から斜面の岩盤を数 mmから数 cmの厚さで広く被覆している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コバルトリッチ‐クラスト(cobalt rich crust)

《crustは、固い外皮、地殻の意》深海底鉱物資源の一。海底の基盤岩を覆うアスファルト状の酸化物であり、厚さは数ミリから十数センチメートル。水深800~2400メートル海山海台に分布。マンガンニッケルコバルトなどの有用金属を含有する。マンガンクラストの一種であり、コバルトの含有量が1パーセントを超えるものを指す。コバルトクラスト。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

コバルトリッチクラスト

深海底に存在する鉄・マンガン酸化物のうち、コバルトなどのレアメタル(希少金属)を豊富に含むもの。コバルトは、強固で腐蝕に強いコバルト合金や様々なコバルト化合物などとして用いられ、1970年代より原油・天然ガスに次ぐ「第三の深海底鉱物資源」として調査が開始された。近年では、主に水深800~2400メートルの古い基盤をもつ海山の山頂や斜面(特に北西太平洋)に広く分布していることがわかっている。2016年2月には、東京・南鳥島付近の水深5500メートル以上の海底にコバルトリッチクラストが広がっていることが確認された。3000メートル以上の深海で確認されたのは初めて。

(2016-2-12)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コバルトリッチクラストの関連キーワードシアルシマ海底クラスト深海成層地殻均衡説サルシマオロゲンペリブレイン大洋化作用説

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コバルトリッチクラストの関連情報