コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コバルト・リッチ・クラスト コバルトリッチクラスト

百科事典マイペディアの解説

コバルト・リッチ・クラスト

マンガン団塊のうち,コバルトを0.5%以上含むもの。水深約800mから2000m程度の海山などの斜面に,数mmから10cm程度の厚さの,薄い外皮(クラスト)状に張り付いている。主成分は鉄の酸化物とマンガンだが,平均して0.9%のコバルトを含む。日本では,1987年から金属鉱業事業団が通産省の委託を受け,中部・西部太平洋で鉱床探査を行っている。→海洋開発

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コバルト・リッチ・クラスト
こばるとりっちくらすと
cobalt rich crust

海山に張り付いた皮殻(クラスト)状の海底鉱物資源。陸上のコバルト鉱石の5倍以上のコバルトを含むほかニッケルなどの有用希少金属も含有するため近未来の鉱物資源として注目を集めている。日本でも200海里経済水域内での存在が確認されているほか、石油天然ガス・金属鉱物資源機構等が西太平洋での探査を行っている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コバルト・リッチ・クラストの関連キーワードコバルトリッチクラスト沖大東海嶺南方海域マンガンクラストコバルトクラスト深海底鉱物資源ROV

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android