コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サキシマスオウノキ Heritiera littoralis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サキシマスオウノキ
Heritiera littoralis

アオギリ科の常緑大高木。熱帯アジア,アフリカ,太平洋諸島など旧大陸熱帯の海岸に広く分布する。マングローブ林に生じることもあり,巨大な板根をもつことで知られる。日本では奄美大島以南の琉球列島に比較的希産する。樹高は 10m,ときに 25mにも達する。葉は互生し,長さ 10~20cmの楕円形基部は浅い心形をなすがややゆがんで左右相称にならない。花は円錐花序につき,淡黄褐色鐘形と,リング状に集る短いおしべがあり,花弁はない。果実木質,長さ3~5cmの卵形で,海流で散布される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サキシマスオウノキ【Heritiera littoralis Dryland ex Ait.】

マングローブ背後の湿地林に生育するアオギリ科の常緑高木で,アフリカ東岸地方から東南アジアポリネシアにわたる広い範囲に分布し,日本の奄美大島にまで達する。地上に広くはう鋭い巨大な板根(ばんこん)は異観を呈し,西表いりおもて)島東岸にこの巨木群がみられる。樹高20~25m,直径60~80cmになり,樹皮は灰色~褐色で,薄片状にはげる。葉は単葉で互生し,葉柄1~3cm,葉身は長さ15~22cmの楕円形~長卵形,全縁で,裏面は銀色~黄褐色の鱗片でおおわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サキシマスオウノキ
さきしますおうのき / 先島蘇枋木
[学]Heritiera littoralis Dryand.

アオギリ科の高木。葉は長楕円(ちょうだえん)形から倒卵状楕円形で長さ10~20センチメートル、裏面は灰色ないし銀白色。円錐(えんすい)花序は長さ7~15センチメートル。果実はきわめて堅く扁卵(へんらん)形で竜骨状の稜(りょう)があり、長さ約5センチメートル、平滑で光沢がある。マングローブ林内や川岸に生え、奄美(あまみ)大島、沖縄、および熱帯アジア、アフリカに分布する。著しい板根(ばんこん)を形成することで知られる。西表島(いりおもてじま)古見(こみ)の前良(めーら)川の河口の、この樹木50本以上からなる群落は国指定の天然記念物で、もっとも発達している個体における板根の垂直面の合計面積は17畳以上にも及ぶ。古くは、この板根を船の舵(かじ)に、材や樹皮は染料あるいは民間薬に用いたという。名の「先島」は宮古、八重山(やえやま)列島をさし、「スオウノキ」は、本種を染料とするところから、マメ科の染料植物であるスオウをあてたものである。[島袋敬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サキシマスオウノキの関連キーワード沖縄県八重山郡竹富町古見マングローブ林沖縄(県)西表島

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サキシマスオウノキの関連情報