サマリウム

化学辞典 第2版の解説

サマリウム
サマリウム
samarium

Sm.原子番号62の元素.電子配置[Xe]4f 66s2の周期表3族ランタノイド元素.希土類元素セリウム族の一つ.原子量150.36(2).質量数144(3.07(7)%),147(14.99(18)%),148(11.24(10)%),149(13.82(7)%),150(7.38(1)%),152(26.75(16)%),154(22.75(29)%)の7種の天然に存在する同位体と,質量数128の放射性同位体が知られている.天然に存在する同位体のうち,146Sm,147Sm,148Sm はそれぞれ,半減期1.03×108 y,1.06×1011 y,7×1015 y のα放射体である.1879年,L.de Boisbaudranによりサマルスキー石から分離された.元素名はサマルスキー石にちなんで命名された.サマルスキー石,ガドリン石,セル石に含まれる.地殻中の存在度3.5 ppm.塩化物の溶融塩電解により得られる金属は銀白色.融点1077 ℃,沸点1791 ℃.密度7.52 g cm-3(20 ℃).沸点はEuと同様,ほかのランタノイド元素( > 3000 ℃)よりいちじるしく低い.標準電極電位 Sm3+/Sm-2.30 V.第一イオン化エネルギー5.644 eV.希酸に可溶.熱水とも反応する.酸化数2,3の化合物があるが,Smの化合物はほかの希土類元素と同様の性質をもつ.化合物の色は黄色で常磁性は希土類元素中もっとも弱い.Sm2+,Sm3+ の電子配置は4f 6,4f 5.Smの化合物は,Yb,Baの化合物に類似し,硫酸塩,リン酸塩は水に難溶.水溶液中で容易に酸化され,Eu化合物より不安定である.耐熱性永久磁石,サマリウム-コバルト磁石(SmCo5,Sm2Co17,Sm2(Co,Fe,Cu,Zr))用が最大の用途である.1980年代にはウォークマンなどヘッドフォンに多用されたが,より安価で強力なNd-Fe-B磁石にとってかわられた.携帯電話用にはまだ使われることもある.[CAS 7440-19-9]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サマリウム
さまりうむ
samarium

周期表第3族に属し希土類元素の一つ。1879年、フランスのボアボードランがサマルスキー石から分離し、鉱物の発見者であるロシアのサマルスキー・ビホベッツVasilii Erafovich Samarski-Bykhovets(1803―1870)にちなんで命名した。主要鉱物はサマルスキー石、ガドリン石、セル石などである。酸化物を金属ランタンで還元して灰白色の金属を得る。空気中で150℃以上に熱すると酸化物になる。熱水、希酸に水素を発して溶ける。普通、酸化数+Ⅲの化合物をつくるが、+Ⅱのものもある。サマリウム(Ⅲ)化合物の常磁性は、希土類元素化合物中もっとも弱い。天然に存在する同位体のうちサマリウム147はα(アルファ)放射体なので弱い自然放射能をもつ。

[守永健一・中原勝儼]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サマリウム
samarium

元素記号 Sm ,原子番号 62,原子量 150.36。周期表3族,希土類元素ランタノイド元素の1つ。 1879年に L.ボアボードランサマルスキー石から発見した。サマルスキー石,セル石,褐簾石,モナズ石などに比較的多量に産する。単体は黄灰色の金属,融点 1072℃,比重 7.536。ごく弱い天然放射能をもつ。熱水と作用して水素を発生し,無機酸に溶ける。3価の陽イオンのほか2価もつくる。コバルト合金でつくられるサマリウム・コバルト磁石はネオジム系合金の磁石についで強力。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

サマリウム

〘名〙 (samarium) 希土類元素のランタン系セリウム族元素の一つ。元素記号 Sm 原子番号六二、原子量一五〇・三六。灰色の金属元素。一八七九年、フランスのボアボードランがサマルスキー石から分離し発見。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サマリウム

元素記号はSm。原子番号62,原子量150.36。融点1072℃,沸点1791℃。希土類元素の一つ。単体は灰白色のかたくてもろい金属。コバルトとの金属間化合物Co5Smは,強力磁石として利用される。
→関連項目レアアース

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サマリウム【samarium】

周期表元素記号=Sm 原子番号=62原子量=150.36±3地殻中の存在度=6.0ppm(39位)安定核種存在比 144Sm=3.16%,147Sm=15.07%,148Sm=11.27%,149Sm=13.82%,150Sm=7.47%,152Sm=26.63%,154Sm=22.53%融点=1072℃ 沸点=1900℃比重=7.536電子配置=[Xe]4f65d06s2 おもな酸化数=III周期表第III族に属する希土類元素の一つ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android