コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタマリアデルフィオーレ大聖堂 サンタマリアデルフィオーレダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

サンタマリア‐デル‐フィオーレ‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【サンタマリアデルフィオーレ大聖堂】

Cattedrale di Santa Maria del Fiore》イタリアのフィレンツェにある大聖堂。1296年起工。イタリアゴシックの代表的な建築で、ブルネレスキによる穹窿(きゅうりゅう)(ドーム)はルネサンス建築の先駆として有名。11世紀から12世紀に建造された八角形の洗礼堂は、ピサーノギベルティの青銅門扉で知られる。鐘楼はジョットの設計。花の聖母教会。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

サンタマリアデルフィオーレだいせいどう【サンタマリアデルフィオーレ大聖堂】

イタリアのフィレンツェにある教会堂。イタリア-ゴシックを代表する聖堂建築。1296年起工、今なお未完の部分もある。高さ91メートルの穹窿きゆうりゆうはブルネレスキの施工。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

サンタマリアデルフィオーレ大聖堂の関連キーワードマイケルズサンタマリアアッスンタ大聖堂サンジョバンニ洗礼堂ジョットの鐘楼フィレンツェのドゥオーモサンタフェサンタクルス島グアラニーのイエズス会伝道施設群サンタトラッカー篠山紀信

サンタマリアデルフィオーレ大聖堂の関連情報