サン・アンドレアス断層(読み)サンアンドレアスだんそう

百科事典マイペディアの解説

サン・アンドレアス断層【サンアンドレアスだんそう】

米国,カリフォルニア州にあって海岸とほぼ平行に走る長さ約1400kmの大断層。現在も活動を続け,1906年のサンフランシスコ地震の時に最大7m,1940年の地震の時に最大5mのずれを生じた。地質構造の研究によると,第三紀初めから現在までに560kmずれ動いたという。地震を伴わずに断層運動が常時進行している部分もある。この断層はプレートの境界をなすトランスフォーム断層であることがわかった。
→関連項目世界地溝系断層ミロナイト

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android