コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シイ(椎) シイCastanopsis cuspidata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シイ(椎)
シイ
Castanopsis cuspidata

ブナ科の常緑高木で,日本の暖地の照葉樹林を構成する代表的な樹種である。また庭木や公園樹としてもよく植えられている。高さ 10~20mとなり,四方に枝を張って大きな樹冠をつくる。厚い革質の葉をやや密に互生する。雌雄同株で,5~6月に開花し,雄花は長さ 10cmあまりの長い花穂 (尾状花序) をつくって多数の淡黄色のおしべが目立つ。雌花は数花が短い穂上に並び,下部の葉腋に生じる。めしべには3本の花柱がある。秋,細長いどんぐり状の堅果をつけ,食用にもなる。長さ5~6cmの楕円形の葉をもち,細長い円筒形の堅果をつけるスダジイ C. cuspidata var. sieboldiiと葉が小さく (長さ2~4cm) ,径 1cmほどのほぼ球形の実をつけるツブラジイ (コジイ) C. cuspidata var. cuspidataの2変種に区別することがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シイ(椎)【シイ】

ブナ科の常緑高木で,ツブラジイコジイ)とスダジイ(イタジイ)とがある。前者は関東南部〜九州に自生し,樹皮はなめらかで割れ目はできない。葉は薄く,卵状長楕円形で先がとがり,裏は灰褐色となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シイ【シイ(椎) Castanopsis cuspidata (Thunb.) Schottky】

山腹や丘陵に林をつくり,褐色を帯びたやや小型の葉を密に茂らせ,日本の暖帯林の最も中心となるブナ科の常緑高木。高さ25mにも達する。葉は2列につき,5~10cmで,楕円状卵形,全縁か先端部に鈍鋸歯があり,先は尾状にのびる。葉の表は濃緑色で無毛,裏には銀色を帯びた細かい鱗片が密生し,はじめ銀白色,後に灰褐色に見える。花は4~5月,新枝の開出と同時に開く。雄花序は新枝の基部や中部につき,細長い穂となり,ややしなだれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シイ(椎)の関連キーワード黄八丈山腹大島

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android