コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シジウィック シジウィック Sidgwick, Alfred

6件 の用語解説(シジウィックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シジウィック
シジウィック
Sidgwick, Alfred

[生]1850
[没]1943
イギリスの哲学者。命題はなんらかの意味で具体的応用が不可能なときは無意味であると主張して,形式論理学を批判し,実用的論理学の立場に立った。主著『論理学の応用』 The Aplication of Logic (1910) ,『要素論理学』 Elementary Logic (14) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

シジウィック
シジウィック
Sidgwick, Henry

[生]1838.5.31. スキプトン
[没]1900.8.29. ケンブリッジ
イギリスの倫理学者,経済学者。ダーウィンの『種の起原』の出現によるキリスト教信仰の動揺,T.H.グリーンに始るオックスフォード・プラトニストの台頭,古典派経済学の衰退など,イギリス思想界の激動期にあって事態に誠実に対処した当時の典型的大学人の一人。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

シジウィック
シジウィック
Sidgwick, Nevil Vincent

[生]1873.5.8. オックスフォード
[没]1952.3.15. オックスフォード
イギリスの化学者。オックスフォード大学教授 (1935) 。ロイヤル・ソサエティ副会長 (31~33) 。イギリス化学会会長 (35~37) 。有機窒素化合物に関する理論研究で知られるほか,E.ラザフォードとともに,化学結合の理論研究を発展させ,水素結合の概念や,共有結合および配位結合の電子機構を明らかにした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シジウィック

英国の化学者。オックスフォード大学卒,のち同大学教授,1935年―1937年英国化学会の会長。原子価の電子理論について研究し,ルイスの電子対共有の考え(八隅説)を発展させ,1927年配位結合の理論を発表した。
→関連項目八隅説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

シジウィック【Nevil Vincent Sidgwick】

1873~1952) イギリスの化学者。原子間の化学結合を電子論を用いて解釈し、配位結合や共有結合の概念を導いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シジウィック
しじうぃっく
Nevil Vincent Sidgwick
(1873―1952)

イギリスの化学者。オックスフォードの生まれ。化学結合論、とくにその配位結合理論に関する業績で知られる。1892年オックスフォード大学入学、1895年ドイツ留学、ライプツィヒオストワルト研究所で学び、病気のため一時帰国。のち、ドイツのチュービンゲン大学有機化学を研究、1901年学位取得、リンカーンカレッジを経て、オックスフォード大学教授となった。
 その業績は、含窒素有機化学、原子価論、化学結合論、構造化学などにわたるが、とくに配位結合理論の展開がその中軸となるものである。1914年、学会に赴く途中、同船したE・ラザフォードとの出会いが、彼の研究にとって一つの転機となり、原子価論、化学結合論の研究に入っていった。N・ボーアの前期量子論としての原子構造理論が出された翌年のことであり、1916年には、G・ルイスの原子価論(八電子則)、コッセルW. Kosselの静電的原子価論、1919年には、I・ラングミュアの八隅子理論などが発表された。こうした流れのなかで、シジウィックは、19世紀末提起されていたA・ウェルナーの配位説を電子対供与で説明する配位結合理論を展開したのである(The Electronic Theory of Valency, 1927年)。その理論は、引き続く量子力学の適用を土台とした今日の化学結合理論体系のなかへと包摂されていった。王立学会会員(1922)、イギリス化学会会長(1935~1937)。[荒川 泓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シジウィックの関連キーワード牛津オックスフォード学派オックスフォードシューズオックスファムオックスフォード街オックスフォードグレーオックスフォードストリートオックスフォード運河の殺人オックスフォード条項オックスフォード・ダウン[種]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シジウィックの関連情報