コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュレーディンガーの波動方程式 シュレーディンガーのはどうほうていしきSchrödinger's wave equation

4件 の用語解説(シュレーディンガーの波動方程式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュレーディンガーの波動方程式
シュレーディンガーのはどうほうていしき
Schrödinger's wave equation

L.ド・ブロイの物質波の考えを発展させ,1926年に E.シュレーディンガーは,物質粒子,特に電子の運動状態を記述するために波動力学を創始した。粒子は波動性をもつため,その状態は波動関数Ψrt)によって記述される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

法則の辞典の解説

シュレーディンガーの波動方程式【Schrödinger's wave equation】

波動力学(非相対論的量子力学)の基礎となる方程式.原子や分子の問題を解くのに有用である.通常の三次元の座標系においては,粒子の質量を m,全エネルギーを E,ポテンシャルエネルギーを V としたとき,波動関数 ψ は定常状態に対するシュレーディンガー方程式,すなわち

の解となる.よく略して Hψ=Eψの形で書かれる.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュレーディンガーの波動方程式
しゅれーでぃんがーのはどうほうていしき

シュレーディンガーが1926年に提出した、水素原子内電子の波動を記述する方程式。
 電子のエネルギーはその位置座標xなど、運動量pxなどを用いて(px2py2pz2)/2me2/rで与えられる。ここでmは電子の質量、eは単位電荷、rは陽子からの距離である。シュレーディンガーの波動方程式は、pxなどを演算子-i∂/∂xはプランク定数hの2π分の1)で置き換えたエネルギー演算子

の固有方程式Hφ=Eφあるいは

である。この場合、電子の波動の時間的変化もこのHを用いてi∂φ/∂tHφで与えられる。前者が時間に依存しないシュレーディンガー方程式、後者が時間に依存するシュレーディンガー方程式である。水素原子内電子の場合に限らず、一般に場や粒子のHの固有方程式、あるいはHを用いた波動関数の時間的変化を与える方程式をもシュレーディンガー方程式とよぶ。
 シュレーディンガー方程式は、シュレーディンガーがド・ブローイの提唱した電子に伴う波動を、幾何光学の類推を用いてポテンシャルのある場合に拡張したものであるが、量子的状態を正しく与えるものであって、形式の相違はあってもハイゼンベルクの行列力学と同等であることが示されている。
 また、座標に対する運動量は座標xの微分に-iをかけて得られるが、これは運動量という物理量が座標系をx方向にずらしても不変であることから与えられる。エネルギー量に関しても、時間をずらしても不変であることから得られる。この方程式は量子的状態を記述する量子力学の基本的な式である。[田中 一・加藤幾芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone