シュワルツ(Hermann Amandus Schwarz)(読み)しゅわるつ(英語表記)Hermann Amandus Schwarz

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュワルツ(Hermann Amandus Schwarz)
しゅわるつ
Hermann Amandus Schwarz
(1843―1921)

ドイツの数学者。ハレ、チューリヒ、ゲッティンゲンの各大学教授を歴任した。解析学の基礎的な研究とその幾何学への応用に貢献した。多変数関数の微分に関する結果のほか、関数論における円内有界関数の評価、等角写像について交代法や鏡像の原理を創始した。楕円(だえん)関数や偏微分方程式の研究もある。また、等周問題や極小曲面に関する業績がみられる。

[小松勇作]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android