シュワルツ(Laurent Schwartz)(読み)しゅわるつ(英語表記)Laurent Schwartz

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュワルツ(Laurent Schwartz)
しゅわるつ
Laurent Schwartz
(1915―2002)

フランスの数学者。パリでアルザス出身のユダヤ人外科医を父として生まれた。母方の祖父はユダヤ教のラビ伯父は数学者ジャック・アダマールで、義父は確率論のポール・レビーPaul Pierre Lévy(1886―1971)、親戚(しんせき)に「ドレフュス事件」で有名なアルフレッド・ドレフュスがいる。超関数の理論を構築し1950年にフィールズ賞を受ける。その業績は『超関数論』Théorie des distributions(1950~1951、邦訳『超函数の理論』)にまとめられ、その後の解析学に深い変革をもたらした。またラドン測度論を通じて、解析学と確率論の相互理解に貢献するなど、20世紀後半の解析学の中心人物となった。フランスの数学者集団「ブルバキ」のメンバーでもあった。学生時代にトロツキーの思想に共鳴、第二次世界大戦中はレジスタンスに参加した。知識人として、人権、民族自立問題に鋭い感覚をもち続け、アルジェリア戦争、ベトナム戦争、旧ソ連およびラテンアメリカにおける反体制知識人迫害に対し、抗議行動を展開した。ベトナム戦争に際し、戦争犯罪国際法廷をイギリスの数学者ラッセルやフランスの哲学者サルトルと開いたのはその一例である。チョウの採集・収集家としても有名で、兵役時代にも幼虫を飼育し、海外旅行には捕虫網を携えることを忘れなかった。パリ大学、エコール・ポリテクニク(理工科大学校)教授を歴任。1997年に大部の自伝『世紀と格闘した一数学者』Un mathématicien aux prises avec le siècleを出版。フランス科学アカデミー会員。

[山田俊雄]

『L・シュワルツ著、吉田耕作・渡辺二郎訳『物理数学の方法』(1966・岩波書店)』『岩村聯他訳『超函数の理論』原書第3版(1971・岩波書店)』『彌永健一訳『闘いの世紀を生きた数学者――ローラン・シュヴァルツ自伝』上下(2006・シュプリンガー・ジャパン)』『垣田高夫著『シュワルツ超関数入門』(1999・日本評論社)』『Un mathématicien aux prises avec le siècle(1997, Edition Odile Jacob, Paris)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android