コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラン(紫蘭) シランBletilla striata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シラン(紫蘭)
シラン
Bletilla striata

ラン科の多年草。日本の中南部から,沖縄や中国の暖帯にかけて分布する。湿原や崖などによくみられる。地下に多肉の球茎がある。葉は長楕円形で縦皺があり,葉柄は鞘となって茎をいだき,茎の基部に5~6枚が集まってつく。5月頃に,1本の花茎が伸長し3~7個の花をつける。花は白色,桃色,紫紅色で美しい。ラン科の植物で畑土で栽培できるものはごく少ないが,シランは観賞用として比較的容易に植えることが可能である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シラン【シラン(紫蘭) Blettilla striata (Thunb.) Reichb.f.】

庭に植えられる地生のラン科植物。紫紅色の花色より,和名がつけられた。地下に偽球茎があり,古い偽球茎と連なる。茎は高さ30~70cm,3~5枚の葉を互生する。葉は長さ20~30cm,幅2~5cmくらいで,縦じわが目だつ。5~6月,茎の先に紫紅色の花を数個まばらにつける。花はやや大きく,径約5cm,側花弁は平開する。唇弁は内側に巻き,筒状,蕊柱(ずいちゆう)を取り巻き,縦ひだがある。距はない。花粉塊は粉質で8個。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

シラン(紫蘭)の関連キーワード七宝(工芸)朱蘭

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シラン(紫蘭)の関連情報