ジッド

百科事典マイペディアの解説

ジッド

フランスの作家。パリ大学教授を父とし,厳格なプロテスタントの家庭に育つ。P.ルイバレリーらの感化を受け,マラルメの火曜会にも出席。1891年に処女作《アンドレ・ワルテルの手記》で霊肉の相克に苦悩する魂を告白したが,道徳の息苦しさからの解放を求めて北アフリカに旅行。《パリュード》,《地の》(1897年)を経て《背徳者》(1902年),《狭き門》,《法王庁抜け穴》(1914年),《田園交響楽》(1919年)などを発表。また1909年創刊の《NRF》誌で主導的役割を果たした。純粋小説といわれる長編《贋金(にせがね)作り》(1926年)を完成後,再びアフリカを訪れ,《コンゴ紀行》(1927年)で社会問題にも意欲的に発言し,1932年には共産党に入党を宣言したが,1936年にソ連の現状を見て失望し,《ソビエト紀行》で批判した。評論には名著《ドストエフスキー論》があり,また1889年以来の《日記》は誠実な人生態度の記録である。1947年ノーベル文学賞。
→関連項目河上徹太郎紀行文学グリーンシムノンシュランベルジェダビマルタン・デュ・ガールモラリスト

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ジッド

⸨ジード⸩
[一] (André Gide アンドレ━) フランスの小説家、批評家。少年時代に受けた厳格な清教徒的教育と人間性の自由を求める心の葛藤に苦しみながら、そうした魂の不安を、深い分析、大胆な技法、厳密な形式で描き、心理小説を改革した。二〇世紀前半のフランス文壇に新風を起こした「NRF(エヌエルエフ)」誌の指導者の一人。主な作品に「狭き門」「贋金つくり」など。一九四七年ノーベル文学賞受賞。(一八六九‐一九五一
[二] (Charles Gide シャルル━) フランスの経済学者。ソルボンヌ大学教授。協同組合論者。労働価値説と限界効用価値説との折衷主義をとる。主著「経済学原論」、シャルル=リストとの共著「経済学説史」など。(一八四七‐一九三二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジッド
Gide, André(Paul Guillaume)

[生]1869.11.22. パリ
[没]1951.2.19. パリ
フランスの小説家,評論家。パリ大学法学部教授を父に富裕な家庭に育つ。早くからマラルメ,バレリーと知合い,象徴派風の作品を書くが,すぐ脱し,生命の歓喜,自由を追求した多くの小説を発表。簡潔明快な文体は美的完成度が高い。また,1909年に『NRF (エヌエルエフ) 』誌を創刊,多数の有能な作家たちを世に送り出した。 47年ノーベル文学賞受賞。主著『パリュード』 Paludes (1895) ,『地の糧』 Les Nourritures Terrestres (97) ,『狭き門』 La Porte Étroite (1909) ,『法王庁の抜け穴』 Les Caves du Vatican (14) ,『田園交響楽』 La Symphonie pastorale (19) ,『贋金つかい』 Les Faux-Monnayeurs (26) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジッド【André Gide】

1869‐1951
フランスの小説家,批評家,劇作家。南フランス出身の法律学者を父に,北フランスの素封家出の賢婦人を母にもつ彼は,厳格なピューリタンとしてはぐくまれた。そんな彼の生涯のドラマを決したのは,母方の従姉マドレーヌ・ロンドー(後年のジッド夫人)との恋である。この恋愛体験,その後の結婚生活の体験がなんらかの形で影を落としていない作品は皆無といっていい。処女作《アンドレ・ワルテルの手記》(1891)以来,だいたいの作品が,あるときは彼女に象徴されている伝統的諸価値とプロテスタントの道徳規範への順応として,あるときはそれらへの反逆として,またあるときは順応と反逆の激しい相克として構成されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のジッドの言及

【象徴主義】より

…むしろ,種々の解釈が交錯しあい,かえって紛糾を重ねているようにさえ見える。なかには,ジッドの《ナルシス論》のように,内面の世界の微妙な深さを測り,内面の世界に向けられた批評意識を研ぎ澄ますところに象徴の機能を求める,注目すべきエッセーも数えられるが,全体として混乱した論議の時代という感はぬぐえない。 詩の制作の面では,若い詩人たちの作品には,マラルメのような,広大な宇宙に対応しようとする宇宙論的な特質は乏しく,内面の名状しがたい微妙な消息を歌い,倦怠,不安,孤独,衰頽等々の意識や感覚をあえかに表現する傾向が目だった。…

【男色】より

…プラトンを教皇としソクラテスを使節とする善なる教会の従僕であることを誇ったP.ベルレーヌとその相手のJ.N.A.ランボー,民衆詩人W.ホイットマン,社会主義運動にひかれた詩人E.カーペンター,男色罪で2年間投獄されたO.ワイルド,S.ゲオルゲなどがとくに知られているが,彼らばかりではない。ゲーテは《ベネチア格言詩》補遺で少年愛傾向を告白し,A.ジッドは《コリドン》で同性愛を弁護したばかりか,別の機会にみずからの男色行為も述べ,《失われた時を求めて》のM.プルーストは男娼窟を経営するA.キュジアと関係していた。J.コクトーと俳優J.マレーとの関係も有名である。…

【贋金づくり】より

…フランスのA.ジッドの小説。1926年刊。…

【反ファシズム】より

…日独伊三国軍事同盟締結と大政翼賛会,大日本産業報国会の結成は,40年のことであったが,このときにはすでに反ファシズムの組織と言論は皆無に近かった。【鈴木 正節】
【国際的な反ファシズム文化運動】
 国際的な反ファシズム文化運動の先駆としては,反戦を掲げてロマン・ロランとバルビュスが呼びかけ,ゴーリキー,アインシュタイン,ドライサー,ドス・パソスらが発起人に名を連ねる,1932年8月アムステルダムの国際反戦大会に29ヵ国2200名を集め,翌年パリで第2回大会を開催した〈アムステルダム・プレイエル運動〉,フランスの急進社会党代議士ベルジュリが主唱し,J.R.ブロック,ビルドラックらの協力した33年5月結成の〈反ファシズム共同戦線〉,ジッド,マルローらによる〈革命作家芸術家協会〉の33年における反ファシズム運動などがあげられる。しかし,それが政治的立場を超えた知識人の統一運動として定着するのは,34年の2月6日事件をまたなければならない。…

※「ジッド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android