コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジフェニルアミン ジフェニルアミンdiphenylamine

2件 の用語解説(ジフェニルアミンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジフェニルアミン
ジフェニルアミン
diphenylamine

芳香をもつ結晶。化学式 C6H5NHC6H5アニリンから合成される。融点 54℃。強酸と塩をつくる。染料中間体として重要である。硝酸イオン,塩素酸イオンなどの酸化剤の分析に硫酸とともに用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジフェニルアミン
じふぇにるあみん
diphenylamine

芳香族アミンの一つ。アニリンの塩酸塩と小過剰のアニリンの混合物を、圧力をかけながら加熱すると得られる無色の結晶。芳香がある。塩基性は弱い。水には溶けないが、エタノールエチルアルコール)、エーテルベンゼンなどによく溶ける。濃硫酸溶液に硝酸イオンや亜硝酸イオンを加えると濃青色を呈するので、これらのイオンの検出剤として使われる(ジフェニルアミン反応)。また核酸の定量試薬としても使われる。アゾ染料の合成中間体、ニトロセルロースセルロイドの安定剤として用いられる。発癌(はつがん)性が認められている。[務台 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone