コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジフェニルアミン ジフェニルアミン diphenylamine

2件 の用語解説(ジフェニルアミンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジフェニルアミン
ジフェニルアミン
diphenylamine

芳香をもつ結晶。化学式 C6H5NHC6H5アニリンから合成される。融点 54℃。強酸と塩をつくる。染料中間体として重要である。硝酸イオン,塩素酸イオンなどの酸化剤の分析に硫酸とともに用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジフェニルアミン
じふぇにるあみん
diphenylamine

芳香族アミンの一つ。アニリンの塩酸塩と小過剰のアニリンの混合物を、圧力をかけながら加熱すると得られる無色の結晶。芳香がある。塩基性は弱い。水には溶けないが、エタノールエチルアルコール)、エーテルベンゼンなどによく溶ける。濃硫酸溶液に硝酸イオンや亜硝酸イオンを加えると濃青色を呈するので、これらのイオンの検出剤として使われる(ジフェニルアミン反応)。また核酸の定量試薬としても使われる。アゾ染料の合成中間体、ニトロセルロースセルロイドの安定剤として用いられる。発癌(はつがん)性が認められている。[務台 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジフェニルアミンの関連キーワード結晶軸酢酸アミル双軸結晶酢酸ゲラニル酢酸テルピニル酢酸メンチル酢酸リナリル旋光芳香族アルデヒドモノテルペン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone