コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スギ(杉) スギCryptomeria japonica; Japanese cedar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スギ(杉)
スギ
Cryptomeria japonica; Japanese cedar

スギ科の常緑高木で日本特産。本州北端から屋久島まで分布し,いたるところに植林され,また庭園,生垣,盆栽などによく用いられる。幹は直立し,大きなものでは直径 5m,高さ 50mに達する。樹皮は赤褐色で細長い薄片になってはげる。葉は枝に螺旋状になって密生し,1~2cmの針状でやや湾曲し,質が硬く先端はとがる。雌雄同株で,春に開花して秋には結実する。雄花序は淡黄色,長さ 5mmほどの楕円形で枝の先端に密に多数集ってつく。雌花序は球形で 6mm内外,やはり枝の先端につき,熟すると径2~3cmで褐色木質の球果となる。材は柔らかく細工がしやすいうえ直幹が得やすいため,日本では建築,船,橋,電柱,器具材,また樽,下駄などの細工物用に最も広く利用される。樹皮は屋根ふき用に,葉は線香や抹香の原料となる。秋田,伊豆天城山,天竜川流域,紀伊半島 (吉野,熊野) ,高知,宮崎 (飫肥) などが有名な産地で,年輪の幅や材質などに微妙な差があるといわれ,用材としては秋田杉,吉野杉,屋久杉などが区別される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

スギ(杉)【スギ】

スギ科の常緑高木。本州〜九州の山地に自生し,また重要な林木として,日本各地に広く造林され,生産量は最も多い。幹は直立し,枝葉が密生。葉は長さ4〜12mm,針状で少し曲がり,らせん状に並ぶ。
→関連項目ヒノキ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スギ【スギ(杉) Japanese cedar】

スギ科の常緑高木で,日本で最も重要な林業樹種であり,生活とのつながりも深い(イラスト)。
[形状]
 樹幹がまっすぐに伸び,大きなものは高さ50m,胸高直径5mに達する。幹の樹皮は赤褐色または暗褐色の繊維質で縦に細長く裂けてはげる。密に分枝し,樹冠は楕円状円錐形で,若いときは梢端がとがっているが,老木では丸くなる。葉はらせん状に密集してつき,鎌状針形で,基部は太くなって枝との境がはっきりしない。雌雄同株で,春3~4月に開花する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のスギ(杉)の言及

【熊野杉】より

…和歌山県熊野川河口の新宮を輸送基地とする杉材の称であるが,主産地は上流の北山郷(現,奈良県吉野郡上北山村,下北山村)である。杉,ヒノキ天然林の蓄積豊かな北山地方の林業開発は,同地方が江戸幕府領となった近世初期に始まるが,その当時から幕府は北山郷14ヵ村に〈木年貢〉制を敷き,本年貢代りに収納する杉,ヒノキ材(長さ3間半の1尺2寸角木)のほか,材木前渡金に当たる〈拝借銀〉を融資し,併せて年800本を超える良材を上納させた。…

【吉野杉】より

…大和国(奈良県)吉野郡の吉野川上流地帯を主産地とする杉。奥地の川上郷に代表されるこの地方一帯は,杉の造林に好適な立地条件に恵まれていたため植林の歴史は古い。大和の三輪山,春日山に生育する神代杉の苗木を移植したのは文亀年間(1501‐04)と伝えられ,江戸時代中期には屋久島の杉種を移入して品種の改良を図ったとされている。そのころから吉野杉の声価は一段と高まり,現地でのすぐれた杉の植栽法は独特な運材技術とともに広範囲に普及した。…

※「スギ(杉)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone