コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スターリン批判 スターリンひはん Criticism on Stalin

6件 の用語解説(スターリン批判の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スターリン批判
スターリンひはん
Criticism on Stalin

1956年2月のソ連共産党第 20回大会で行われた前指導者 I.V.スターリンに対する批判。中央委員会報告において N.フルシチョフ第一書記が,「個人崇拝」のため市民の権利が侵された点を指摘,A.ミコヤンも 20年間集団指導がなかった点を批判した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スターリン‐ひはん【スターリン批判】

1956年のソ連共産党第20回大会におけるフルシチョフの秘密報告を契機として行われた、スターリンとその時代の思想・政策全般に対する批判。各国の共産主義運動に大きな影響を与えた。→ハンガリー事件中ソ論争

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スターリン批判【スターリンひはん】

スターリンの長期にわたる専断的指導とそれによって生じたさまざまな矛盾に対し,彼の死後出てきた批判。1956年のソビエト連邦共産党第20回大会におけるフルシチョフ秘密報告で初めて公然化。
→関連項目カーダールグラスノスチ構造改革論コミンフォルム社会主義ソビエト連邦ドイッチャードネツクトハチェフスキー事件トリアッティハンガリー事件ビシンスキー平和革命ペレストロイカミコヤン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スターリンひはん【スターリン批判】

スターリンの名と結びついたソ連邦における共産主義の運動,政策および体制に対する党内外からの批判を指す。1930年代には亡命中のトロツキー《裏切られた革命》(1937)などによってスターリンの指導とその政策を批判した。ソ連邦においてはスターリンの死後,ベリヤが追放されてのち,党内でスターリンの個人崇拝に関する調査が始まった。56年2月の第20回共産党大会においてはミコヤンがスターリンに対する個人崇拝を批判した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

スターリンひはん【スターリン批判】

1956年のソ連共産党大会におけるフルシチョフ秘密報告を契機に起こった、スターリンとその理論・政策に対する批判。個人崇拝・大粛清・官僚主義・ソ連中心主義などが批判され、国際共産主義運動の一大転機となったが、同時にハンガリー暴動や中ソ論争を誘発した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スターリン批判
すたーりんひはん

ソ連の政治家スターリンに対する批判。1953年3月のスターリンの死後、ソ連で彼に対する批判が始まった。1956年2月のソ連共産党第20回大会で、フルシチョフ第一書記は秘密会議における特別報告(2月25日)のなかで、1930年代の大粛清によって多くの無実の人々が犠牲となったこと、自己に対する個人崇拝を助長したこと、対ドイツ戦への備えが十分でなく緒戦においてソ連に大損害をもたらしたことなどで、スターリンを激しく非難した。この秘密報告は数か月後アメリカ国務省によって公表され、大きな波紋をよんだ。ポーランドハンガリーなどの東欧諸国では反ソ暴動のきっかけとなり、中国ではスターリン擁護の声があがり、中ソ大論争へと発展した。ソ連でもモロトフマレンコフなどが1957年6月にスターリン批判を推進するフルシチョフを追放しようとして失敗、逆に反党グループとして追放された。1961年10月の第22回党大会ではスターリンの遺体をレーニン廟(びょう)から除く決定が採択された。ところが、1964年10月のフルシチョフ失脚後、スターリン批判の動きは弱まり、86年2~3月の第27回党大会でも個人崇拝の弊害と党・国家指導のレーニン的規準からの逸脱についてのスターリンへの批判は、主観主義的・主意的誤りについてのフルシチョフへの批判と並んで、しかも両者とも名前をあげずに批判する程度にとどまった。スターリンへの批判は、共産主義の問題点について考える機会を与え、国際共産主義運動の多様化をもたらし、各国共産主義者の自主的な思考と行動を促進した。[中西 治]
『菊池昌典著『増補 歴史としてのスターリン時代』(1973・筑摩書房) ▽フルシチョフ著、志水速雄訳『フルシチョフ秘密報告「スターリン批判」全訳解説』(講談社学術文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスターリン批判の言及

【社会主義】より

… 1930年代に成立した集権型の経済体制は,スターリン体制と呼ばれる専制的政治体制と表裏の関係にあった。この政治体制の核心をなす〈国家化〉した党の権力独占は,スターリン批判(1956)後の一定の修正や緩和にもかかわらず,基本的に変わっていない。そのことが経済システムの改革にも,大きな限界を設定している。…

【ソビエト連邦共産党】より

…戦後もジダーノフマレンコフにより,知識人や党幹部までが粛清されたが,53年のスターリンの死亡により,スターリン時代は終わった。
[スターリン批判以後]
 ベリヤ,マレンコフらのライバルを集団指導部から排除したフルシチョフ第一書記は,56年の第20回党大会の秘密報告でスターリン批判を行い,非スターリン化と民主化,農業問題の解決にのり出した。フルシチョフ時代にはスターリン時代への反省から,党内にも一定の民主化が導入され,(1)集団指導の強調と大衆路線,(2)党大会や中央委員会の定期的開催,(3)さらに60年代初めには党機構の農業・工業への分割と交替制がはかられた。…

【東欧】より

…反面ユーゴスラビアは労働者自主管理(労働者管理),非同盟の社会主義を模索していった。 しかし,1953年のスターリンの死を経て,56年のソ連共産党20回大会が,平和共存と社会主義への道の多様性を認め,スターリン批判を行うと,東欧各国でも改革が求められた。だが,東欧に対しても大きな意味のあるソ連の政策転換が東欧各国との事前の打合せなしに行われたことは,東欧各国の指導者にも国民にも不安定な状況をつくり出した。…

【フルシチョフ】より

…戦後もウクライナの党・政府の要職にあり,経済,とくに農業の復興に努力したが,スターリンの晩年には主として全国の農業の指導を中心に活動し,49年から党書記の地位についた。スターリンの死とベリヤの失脚後,フルシチョフは53年9月の党中央委員会総会で農業面で新政策を提唱し,また第一書記としてマレンコフやモロトフらと集団指導体制をしくが,56年2月,第20回党大会の秘密報告でスターリン批判を行い,全世界に衝撃を与えた。57年には,モロトフ,カガノビチらスターリン時代からの指導者を反党グループ事件で幹部会から追放し,58年には首相を兼務し,最高指導者となった。…

【ポーランド】より

…(3)1956‐70年 統一労働者党支配がとくにイデオロギー面で弛緩し,若干の外交的自由が回復された。ソ連共産党第20回大会でのスターリン批判ポズナン暴動(1956年6月)の衝撃は党の支配を大きく揺るがした。56年10月,党第一書記に返り咲いたゴムウカは一連の改革を実施した(〈十月の春〉)。…

【マルクス主義】より

…マルクス主義が将来にわたって有効性を維持するためには,西ヨーロッパ型モデルを超え,近代ブルジョア社会の批判理論を脱皮することが必要になろう。【良知 力】
[現代のマルクス主義]
 1953年のスターリンの死とその3年後のソ連共産党第20回大会でのフルシチョフによるスターリン批判によって,マルクス主義の思想と運動は多様化しはじめた。そして60年代初め以降の中ソ対立および中国の文化大革命,さらには正統派(ソビエト型)マルクス主義に対する〈ニューレフト(新左翼)〉の諸思潮と運動が第三世界の武力革命方式とも呼応して,マルクス主義の根本的な再検討の気運を促進することになった。…

※「スターリン批判」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スターリン批判の関連キーワードスターリングラードスターリン憲法雪どけスターリングシルバー結び付けるスターリニズムСталинスターリングブロックスターリング(Sterling)大粛清

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スターリン批判の関連情報