コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セミナリオ Seminario

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セミナリオ
Seminario

イエズス会の教育機関。学院,神学校などと訳されるが,定訳はない。伝道士や日本人司祭の養成を目的とする中等教育程度の神学校であるが,オルガン奏者,合唱者,画家,彫刻家,印刷工の養成機関でもあり,一般子弟も入学した。イエズス会巡察師 A.バリニャーノの提案により,天正8 (1580) 年有馬に,翌年安土に設けられたが,その後,『バテレン追放令』などの相次ぐキリスト教禁制により変遷を重ね,慶長 19 (1614) 年島原半島の有家を最後に廃止された。ヨーロッパの学芸,技術の導入に少なからぬ貢献があった。 (→コレジヨ )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セミナリオ
せみなりお
seminarioポルトガル語

キリシタン宗門の初等教育機関。将来、聖職者を志す少年たちにのみ入学が許された事情からは「神学校」と訳される。1579年(天正7)に来日したイエズス会日本巡察師バリニャーノは、日本人聖職者を養成する必要を認め、翌年から有馬(ありま)(長崎県南島原(みなみしまばら)市)と安土(あづち)(滋賀県近江八幡(おうみはちまん)市)にセミナリオを開設し、良家のキリシタンの少年を入学させ、学則を定めた。学科目のおもなものはラテン語で、音楽、日本語も教授された。安土の学校は本能寺の変によって京都、高槻(たかつき)、大坂と転じたのち、1588年からは有馬の学校と合併したが、その学校も江戸幕府の禁教令によって1614年(慶長19)に廃されるまで九州各地を転々とした。これ以外に1601年には長崎に、教区司祭養成のためのセミナリオが開設された。[松田毅一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

セミナリオの関連キーワードビクトリア(Tomás Luis de Victoria)こんてむつすむんぢ岐部カスイ・ペドロオルガンティーノ原マルティーニョ木村セバスチャン中浦ジュリアン有馬(長崎県)パレストリーナキリシタン文化木村レオナルド千々石清左衛門キリシタン学校天正遣欧使節千々石ミゲル伊東マンショ小西マンショオルガンチノ南島原(市)山田ジュスト

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android