コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソリハシシギ(反嘴鷸)(読み)ソリハシシギ(英語表記)Terek sand‐piper

世界大百科事典 第2版の解説

ソリハシシギ【ソリハシシギ(反嘴鷸) Terek sand‐piper】

チドリ目シギ科の鳥。全長約23cm。体に比較して長くて上に反ったくちばしをもった中型のシギ。そのくちばしの形からこの名がある。東部ヨーロッパから北東シベリアに至るユーラシア大陸北部で繁殖し,冬はアフリカ,インド,東南アジア,大スンダ列島,オーストラリアなどに渡る。日本には旅鳥として渡来し,全国的に見られるが,数は多くない。脚は短くて橙黄色。体の上面は灰褐色で,夏羽では背にV字形の黒線がある。下面は白く,くびや胸側には灰褐色の縦斑がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android