コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソリハシシギ(反嘴鷸) ソリハシシギTerek sand‐piper

世界大百科事典 第2版の解説

ソリハシシギ【ソリハシシギ(反嘴鷸) Terek sand‐piper】

チドリ目シギ科の鳥。全長約23cm。体に比較して長くて上に反ったくちばしをもった中型のシギ。そのくちばしの形からこの名がある。東部ヨーロッパから北東シベリアに至るユーラシア大陸北部で繁殖し,冬はアフリカ,インド,東南アジア,大スンダ列島,オーストラリアなどに渡る。日本には旅鳥として渡来し,全国的に見られるが,数は多くない。脚は短くて橙黄色。体の上面は灰褐色で,夏羽では背にV字形の黒線がある。下面は白く,くびや胸側には灰褐色の縦斑がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソリハシシギ(反嘴鷸)の関連キーワード航空写真伊藤聡子宮本江梨子松本潤子花岡真弓澤田明子橋本すみれ鈴木智子珠実梶原裕子

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android