コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソリハシシギ ソリハシシギ Xenus cinereus; terek sandpiper

2件 の用語解説(ソリハシシギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソリハシシギ
ソリハシシギ
Xenus cinereus; terek sandpiper

チドリ目シギ科。全長 23cm。背面は灰褐色,腹面は白色で,頸から胸にかけて灰褐色の縦斑がある。次列風切の先端が白く,飛翔時に目立つ。脚は黄色。嘴は長く,上方にそる。ユーラシア大陸北部で繁殖し,おもにアフリカアジア南部,ニューギニアオーストラリアで越冬する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソリハシシギ
そりはししぎ / 反嘴鷸
terek sandpiper
[学]Xenus cinereus

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。東ヨーロッパから北東シベリアに至る地域で繁殖し、冬は南へ渡る。日本には旅鳥として春と秋に渡来する。全長約23センチメートル、嘴(くちばし)は長くて上に反り、足は短くて橙黄(とうこう)色。背、翼、尾は灰褐色で、頭部と体の下面は白い。飛ぶと翼の後縁に白線が出る。海岸や河口の干潟や入り江にいて、活発な動作で動物質の餌(えさ)をあさる。ピッピッピッ、ピリピリと鳴く。オグロシギ属に含まれるオオソリハシシギLimosa lapponicaは、ユーラシアの極北地で繁殖し、日本には旅鳥として渡来し、干潟にすむ。全長約41センチメートル、嘴は長くて上に反る。体は灰褐色であるが、夏羽は赤褐色。ケッケッと鳴く。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソリハシシギの関連キーワードアオアシシギキアシシギ草鷸背高鷸玉鷸鰭足鷸シギ(鷸∥鴫)ソリハシシギ(反嘴鷸)タシギ(田鷸)ハマシギ(浜鷸)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone