コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソリハシシギ Xenus cinereus; terek sandpiper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソリハシシギ
Xenus cinereus; terek sandpiper

チドリ目シギ科。全長 22~25cm。基部が黄色で先が黒色の長いは上にややそっている。夏羽(→羽衣)は頭頂から背面が灰色で,を閉じたとき脇に見える初列風切羽が褐色。過眼線は黒く,喉から腹面が白色で,頸から胸にかけて灰色みを帯びる。次列風切羽は先が白く,飛翔時には翼の後縁になって目立つ。脚は黄色。冬羽は灰色みが強くなる。繁殖地は北極圏を除くユーラシア大陸の高緯度地方で,バルト海周辺からロシア東部にまで及ぶ。タイガからツンドラの河川や湖沼の近くの湿地,草原に巣をつくり,昆虫などを追いかけてとる。繁殖後はアフリカ南部,東部からアラビア半島南部,インドを経て東南アジアニューギニア島オーストラリアの沿岸に渡る。日本には春秋の渡りの途中に立ち寄り,干潟や河口,海岸に飛来し,砂泥中にひそむ無脊椎動物を食べる。「ぴっぴっぴりぴりぴり」と澄んだ口笛のような鳴き方をする。(→渉禽類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソリハシシギ
そりはししぎ / 反嘴鷸
terek sandpiper
[学]Xenus cinereus

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。東ヨーロッパから北東シベリアに至る地域で繁殖し、冬は南へ渡る。日本には旅鳥として春と秋に渡来する。全長約23センチメートル、嘴(くちばし)は長くて上に反り、足は短くて橙黄(とうこう)色。背、翼、尾は灰褐色で、頭部と体の下面は白い。飛ぶと翼の後縁に白線が出る。海岸や河口の干潟や入り江にいて、活発な動作で動物質の餌(えさ)をあさる。ピッピッピッ、ピリピリと鳴く。オグロシギ属に含まれるオオソリハシシギLimosa lapponicaは、ユーラシアの極北地で繁殖し、日本には旅鳥として渡来し、干潟にすむ。全長約41センチメートル、嘴は長くて上に反る。体は灰褐色であるが、夏羽は赤褐色。ケッケッと鳴く。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ソリハシシギの関連キーワードバンダルギン国立公園オオソリハシシギチュウシャクシギ高野伸二