コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タナラ族 タナラぞくTanala

2件 の用語解説(タナラ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タナラ族
タナラぞく
Tanala

マダガスカル島に住む一民族。1世紀初め頃までに,オーストロネシア語を話すインドネシア諸族が海を渡ってアフリカの東部,特にマダガスカル島に達したことは形質,言語,文化の面からみて,確実である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タナラぞく【タナラ族 Tanala】

アフリカ南東部,マダガスカル民主共和国の東部,海岸沿いの熱帯降雨林に居住する住民の総称で,タナラとは〈森の民〉を意味する。ベツィミサラカ族Betsimisaraka(人口80万),アンタイサカ族Antaisaka(35万),ザフィマニリ族Zafimaniry(2万)などが代表的な部族である。これらの部族が居住する東海岸は,高い台地が急激に海へ落ち込む急傾斜の斜面で,平地がほとんどみられない。年間を通じほとんど降雨が続き,8月から9月の1ヵ月間だけ中断する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のタナラ族の言及

【マダガスカル】より

…中南部の高地に住むベツィレオ族Betsileoは人口が3番目に多い部族で,米作を行う。 東海岸の熱帯降雨林に住むアンタイサカ族Antaisaka,ザフィマニリ族Zafimaniryや2番目に人口の多いベツィミサラカ族Betsimisarakaは,森の民を意味するタナラ族と総称されることもある。彼らは焼畑農業に従事し,イネ,バナナ,キャッサバなどを主作物として栽培するほか,コーヒー,バニラなどの商品作物も生産する。…

※「タナラ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone