チェーホフ(年譜)(読み)ちぇーほふねんぷ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェーホフ(年譜)
ちぇーほふねんぷ

18601月29日、南ロシアの港町タガンログに雑貨商の三男として生まれる
1876家が破産
1879モスクワ大学医学部入学。ユーモア雑誌や新聞に短編、コントを書きまくり一家を養う
1881戯曲『プラトーノフ』
1883『小役人の死』
1884『カメレオン』。モスクワ大学卒業
1885『牡蠣』『悲しみ』
1886『ワーニカ』。長老作家グリゴロービチから才能をたいせつにするよう忠告され、本格的な文学を志す
1887戯曲『イワーノフ』、短編小説集『たそがれに』
1888『ねむい』『曠野』『ともしび』『熊』。『たそがれに』でプーシキン賞受賞
1889『侘しい話』。兄ニコライ、結核で死亡
1890単身シベリアを横断してサハリン島に旅行。同島に3か月余滞在して流刑囚の悲惨な実情を調査
1892『六号室』
1894『三年』
1895『中二階のある家』、サハリン紀行『サハリン島』、戯曲『かもめ』
1896『わが人生』
1897『百姓たち』、戯曲『ワーニャ伯父さん』
1898『すぐり』『イオーヌイチ』『箱にはいった男』。肺結核が進行しヤルタに転地
1899『谷間』『可愛い女』『犬を連れた奥さん』
1900戯曲『三人姉妹』
1901モスクワ芸術座女優オリガ・クニッペルと結婚
1902『タバコの害について』『いいなずけ』。ゴーリキーが学士院名誉会員に当選したにもかかわらず官憲の圧迫により当選が取り消されたのに抗議し、コロレンコとともに名誉会員を辞退。このころから病気が決定的に悪化
1903戯曲『桜の園』
19047月15日、療養先の南ドイツの温泉地バーデンワイラーで永眠

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android