コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャドウィック ちゃどうぃっくSir James Chadwick

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャドウィック(Sir James Chadwick)
ちゃどうぃっく
Sir James Chadwick
(1891―1974)

中性子を発見したイギリスの物理学者。10月20日マンチェスターに生まれる。1911年マンチェスター大学物理学「オーナーズ・コース」を卒業後、同大学物理学研究所のラザフォードのもとで放射能の研究を行った。当時ラザフォード研究室では、モーズリー、ボーアなど多くの少壮物理学者たちによって原子と放射能に関して実り豊かな研究が展開されていた。チャドウィックも加わって行われたβ(ベータ)粒子に関する研究もその一つであり、これは後のパウリのニュートリノ(中性微子)の存在の予言(1931)に至った。1914年ドイツのシャルロッテンブルク国立物理工学研究所のガイガーのところに赴いたが、第一次世界大戦の勃発(ぼっぱつ)によってルーレーベン民間人捕虜収容所に抑留された。終戦後帰国、ケンブリッジ大学キャベンディッシュ研究所のラザフォードのもとでふたたび原子物理学の研究を再開した。1920年原子核電荷の決定に成功、さらに、α(アルファ)粒子による人工原子核転換を行い、原子核の構造と性質を研究し、1932年、陽子と並び原子核構成要素の一つとしてもっとも重要な粒子である中性子の存在を証明した。
 この中性子の発見は、今日における原子核・素粒子物理学への端緒となった。そして、中性子回折実験など物性研究上の重要な手段の開発を可能にするとともに、原子核分裂連鎖反応現象の担い手として、原子爆弾や原子炉の実現に結び付いた。また、以上のチャドウィックの中性子発見の前提となったのは、それに先だって行われた師ラザフォードの「中性粒子」存在の予言(1920)、ボーテとベッカーHerbert Becker(1906―?)の実験による「ベリリウム線」の発見(1930)、およびジョリオ・キュリー夫妻によって進められた「γ(ガンマ)線」の実験などであった。
 1935年中性子の発見によりノーベル物理学賞を受けた。1935~1948年リバプール大学物理学教授、1945年ナイトに叙せられた。第二次世界大戦期の1943~1946年は、アメリカの原子爆弾開発のマンハッタン計画にイギリス科学者グループの代表として派遣されロス・アラモス研究所で働いた。1948~1959年ケンブリッジ大学ゴルビン・アンド・キーズ・カレッジ学長となる。1957~1962年イギリス原子力委員会非常勤委員。また、師ラザフォードの偉業をまとめた回想録The Collected Papers of Lord Rutherford of Nelson(1962)を編纂(へんさん)。1974年7月24日死去した。[大友詔雄]
『エンリコ・フェルミ、ジェームス・チャドウィック著、木村一治・玉木英彦訳『中性子の発見と研究』(1950・大日本出版) ▽中村誠太郎・小沼通二編『ノーベル賞講演 物理学 第5巻』(1978・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チャドウィックの関連キーワードラザフォード(1st Baron Rutherford of Nelson Ernest Rutherford)イワネンコ中性子星

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android