コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デバイ=ヒュッケルの理論 デバイ=ヒュッケルのりろん Debye-Hückel theory

2件 の用語解説(デバイ=ヒュッケルの理論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デバイ=ヒュッケルの理論
デバイ=ヒュッケルのりろん
Debye-Hückel theory

電解質溶液に関する理論で P.デバイと E.ヒュッケルによって導かれた (1923) 。強電解質溶液は完全に電離していると仮定し,この仮定と実際に測定される溶液の特性とのずれの原因はイオン間の相互作用によるものとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

デバイヒュッケルのりろん【デバイ=ヒュッケルの理論 Debye‐Hückel’s theory】

1923年にドイツのP.J.W.デバイとヒュッケルErich Armand Arthur Joseph Hückel(1896‐1980)が提出した理論で,強電解質溶液論の基礎として重要なものである。電解質溶液の蒸気圧,浸透圧,電気伝導率などの性質を説明するために提出されたアレニウス電離説では,すべての電解質が溶液中では電離平衡の状態にあると考えた。この理論は,弱電解質では成功したが,強電解質の性質を説明することはできなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デバイ=ヒュッケルの理論の関連キーワード代数関数西ドイツワイツゼッカーベンベルグ統一ドイツバイツェンビールドイツ放送連盟南ドイツ新聞ドイツの小さな町デバイの式(電気分極)デバイ半径デバイ=ヒュッケルの理論強電解質弱電解質電解質溶液イオン強度の法則ヴィーン効果デバイ緩和デバイ‐ヒュッケル‐オンサガーの式非電解質溶液

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone