コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デバイ=ヒュッケルの理論 デバイ=ヒュッケルのりろんDebye-Hückel theory

2件 の用語解説(デバイ=ヒュッケルの理論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デバイ=ヒュッケルの理論
デバイ=ヒュッケルのりろん
Debye-Hückel theory

電解質溶液に関する理論で P.デバイと E.ヒュッケルによって導かれた (1923) 。強電解質溶液は完全に電離していると仮定し,この仮定と実際に測定される溶液の特性とのずれの原因はイオン間の相互作用によるものとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デバイヒュッケルのりろん【デバイ=ヒュッケルの理論 Debye‐Hückel’s theory】

1923年にドイツのP.J.W.デバイとヒュッケルErich Armand Arthur Joseph Hückel(1896‐1980)が提出した理論で,強電解質溶液論の基礎として重要なものである。電解質溶液の蒸気圧,浸透圧,電気伝導率などの性質を説明するために提出されたアレニウス電離説では,すべての電解質が溶液中では電離平衡の状態にあると考えた。この理論は,弱電解質では成功したが,強電解質の性質を説明することはできなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone