ナッシュ(Paul Nash)(読み)なっしゅ(英語表記)Paul Nash

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナッシュ(Paul Nash)
なっしゅ
Paul Nash
(1889―1946)

イギリスの画家。ロンドンに生まれる。スレード美術学校に学んだのち、1912年ニュー・イングリッシュ・アート・クラブで作品を発表し始める。第一次世界大戦中は従軍画家として活躍し、抽象化された画面に荒廃した自然の姿をとらえて注目を浴びた。33年には前衛的な芸術家の集団「ユニット・ワン」を結成している。28年に見たデ・キリコの作品に触発され、一時シュルレアリスムに関心を向け、36年の国際シュルレアリスム展にも参加したが、彼の自然に対する深い愛着は終生変わることなく、その後も先史時代のモノリスmonolith(一枚岩)などの立ち並ぶ幻想的な風景を描いている。彼の著作は死後、ハーバート・リードの手でまとめられ、『アウトライン』(1949)として出版された。ハンプシャーのボスコムで没した。

[谷田博行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android