コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナベコウ ナベコウ Ciconia nigra; black stork

3件 の用語解説(ナベコウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナベコウ
ナベコウ
Ciconia nigra; black stork

コウノトリ目コウノトリ科。全長 95cm。胸以下の下面は白色,その他の部分は金属光沢のある黒紫色で,嘴と脚は赤い。ユーラシア大陸の温帯部で繁殖し,アフリカインド,中国南部で越冬する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナベコウ

コウノトリ科の鳥。翼長56cm。コウノトリよりやや小型で,腹が白いほかは全身が緑や紫がかった黒色。足とくちばしは赤い。ユーラシアの温帯域で繁殖し,冬季は南方へ渡る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナベコウ
なべこう / 鍋鸛
black stork
[学]Ciconia nigra

鳥綱コウノトリ目コウノトリ科の鳥。全長約95センチメートル。頭頸(とうけい)部と背面は金属緑色を帯びた黒褐色で、胸以下の下面は白い。嘴(くちばし)と足と眼囲部は赤色。ヨーロッパから沿海州にかけてと南アフリカの一部で繁殖し、冬は主としてアフリカ、インド北部、中国南部で越冬する。日本には冬鳥として渡来するが、数は非常に少ない。越冬地では海岸、湖畔、湿地、水田などにすみ、小魚、カエル、昆虫類、タニシなどを食べる。人の少ない森林帯の巨木や山地の岩棚の上に営巣し、繁殖する。1腹の卵は3~5個、抱卵期間は約35日。動物園などでときどき飼われている。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナベコウの関連キーワード渉禽類大鳥こうのとりコウノトリ但馬空港こうのとり、たちずさんでコウノトリ(鸛)ナベコウ(鍋鸛)ハゲコウ(禿鸛)コウノトリ科

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナベコウの関連情報