コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナベコウ ナベコウCiconia nigra; black stork

3件 の用語解説(ナベコウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナベコウ
ナベコウ
Ciconia nigra; black stork

コウノトリ目コウノトリ科。全長 95cm。胸以下の下面は白色,その他の部分は金属光沢のある黒紫色で,嘴と脚は赤い。ユーラシア大陸の温帯部で繁殖し,アフリカインド,中国南部で越冬する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ナベコウ

コウノトリ科の鳥。翼長56cm。コウノトリよりやや小型で,腹が白いほかは全身が緑や紫がかった黒色。足とくちばしは赤い。ユーラシアの温帯域で繁殖し,冬季は南方へ渡る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナベコウ
なべこう / 鍋鸛
black stork
[学]Ciconia nigra

鳥綱コウノトリ目コウノトリ科の鳥。全長約95センチメートル。頭頸(とうけい)部と背面は金属緑色を帯びた黒褐色で、胸以下の下面は白い。嘴(くちばし)と足と眼囲部は赤色。ヨーロッパから沿海州にかけてと南アフリカの一部で繁殖し、冬は主としてアフリカ、インド北部、中国南部で越冬する。日本には冬鳥として渡来するが、数は非常に少ない。越冬地では海岸、湖畔、湿地、水田などにすみ、小魚、カエル、昆虫類、タニシなどを食べる。人の少ない森林帯の巨木や山地の岩棚の上に営巣し、繁殖する。1腹の卵は3~5個、抱卵期間は約35日。動物園などでときどき飼われている。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ナベコウの関連キーワードRPGロケット弾発射機ヒョウ(豹)振袖ペッカリーキッチン寸法矢崎由紗津砂健太三井俊吾幸平

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナベコウの関連情報