コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナベコウ Ciconia nigra; black stork

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナベコウ
Ciconia nigra; black stork

コウノトリ目コウノトリ科。全長 95~100cm。背丈も約 100cmで,脚と頸が長い。も長く,まっすぐで先がとがる。眼のまわりの裸出部位と,嘴,脚は赤い。羽色は白い胸の下部から腹を除き全身が黒く,緑色や紫色の金属光沢がある。胸の羽毛は長く房状になっている。ヨーロッパ中部,南部からユーラシア大陸の中緯度地域を経てインドシナ半島北部,中国東部,東アジア北部までの地域と,アフリカ南部で繁殖する。ポルトガルジンバブエ南アフリカ共和国では留鳥。ほかの地域で繁殖する鳥は渡りをし,アフリカ中南部,インド北部から中国南部,朝鮮半島で越冬する。開けた林や湿原,草原,河口などに生息し,樹上に枝などを積んで巣をつくる。魚食性だが,昆虫類両生類爬虫類甲殻類なども食べる。日本には冬鳥(→渡り鳥)として渡来するが,数は非常に少ない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ナベコウ

コウノトリ科の鳥。翼長56cm。コウノトリよりやや小型で,腹が白いほかは全身が緑や紫がかった黒色。足とくちばしは赤い。ユーラシアの温帯域で繁殖し,冬季は南方へ渡る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナベコウ
なべこう / 鍋鸛
black stork
[学]Ciconia nigra

鳥綱コウノトリ目コウノトリ科の鳥。全長約95センチメートル。頭頸(とうけい)部と背面は金属緑色を帯びた黒褐色で、胸以下の下面は白い。嘴(くちばし)と足と眼囲部は赤色。ヨーロッパから沿海州にかけてと南アフリカの一部で繁殖し、冬は主としてアフリカ、インド北部、中国南部で越冬する。日本には冬鳥として渡来するが、数は非常に少ない。越冬地では海岸、湖畔、湿地、水田などにすみ、小魚、カエル、昆虫類、タニシなどを食べる。人の少ない森林帯の巨木や山地の岩棚の上に営巣し、繁殖する。1腹の卵は3~5個、抱卵期間は約35日。動物園などでときどき飼われている。[森岡弘之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナベコウの関連キーワードベラベジュスカヤ・プッシャ国立公園ディアウリング国立公園ラヘマー国立公園ウコク高原

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android