コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニヤ

3件 の用語解説(ニヤの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ニヤ

中国,新疆ウイグル自治区南部のニヤ河畔の民豊(旧名尼亜または尼雅)にある2―3世紀の住居跡。M.A.スタインが1901年から3回にわたって発掘。家屋は【まぐさ】式(アーチ式に対し,水平材と柱による構造をいう)の木造建築で塗壁または日乾煉瓦積み,内部は小室に区切られ,梁には彫刻もある。
→関連項目タクラマカン砂漠タリム盆地封泥

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ニヤ【Niya】

中国,新疆ウイグル自治区民豊県の北方約150km,タクラマカン砂漠中にある遺跡。2~3世紀の精絶国に比定される。1901年M.A.スタインにより発見され,その後を含めて3度調査された。さらに59年,新疆ウイグル自治区博物館により再調査された。遺跡は東西約10km,南北約4.5kmの範囲に広がり数百軒の住居址がある。乾燥地帯のため保存がよく,泥で固めた建物の壁や木柱がよく残り,木製の家具・容器・化粧具,それに毛織物や皮革,穀物,カローシュティー文字木簡も多数発見されている(カローシュティー文書)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニヤ
にや / 尼雅
Niya

中国、新疆(しんきょう)ウイグル自治区タリム盆地南縁にある古代の集落跡。ホータンの東方約320キロメートルにある民豊県から、タクリマカン砂漠の中を120キロメートルほど北上した地点にある。イギリスのM・A・スタインにより、1901年に初めて発掘され、以後1906年、1914年と三次にわたり発掘調査が行われ、総数800点近いカローシュティー文書(もんじょ)が発見された。この文書の解読により、古代楼蘭(ろうらん)王国の庶民生活が明らかにされつつある。この遺跡は崑崙(こんろん)山脈から流出するニヤ川の末端にあって、東西約7キロメートル、南北20キロメートルにわたって散在する集落である。1980年(昭和55)NHK日中共同取材班はこの遺跡を訪れ、現状を撮影、放映した。[長澤和俊]
『長澤和俊他著『シルクロード 第四巻 流砂の道』(1980・日本放送出版協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のニヤの言及

【絹織物】より

…しかし現実には,養蚕術の西伝には,どうしても桑の栽培が付随しなければならない。この意味で,1901年スタインによってホータンの東方260kmのニヤ遺跡で発見されたいくつかの桑園の跡は,養蚕の西漸を実証する重要な手がかりを与えている。したがって今日では一般にニヤが滅んだ3世紀以前,おそらく2世紀前後にはこの地に中国風の養蚕術が伝えられ,ホータンはその中心であったと推定されており,その後《于闐国史》などの記録から,養蚕術は3世紀には北西インドまたはカシミール地方に伝わり,4~5世紀にはペルシアからシリアに伝播したと考えられている。…

【楼蘭】より

…前1世紀の鄯善,すなわち楼蘭(クロライナ)の戸数は,1570戸,人口は1万4100と伝えられ,当時の西域のオアシス諸都市の中では中程度の規模であった。しかしクロライナは,後1世紀になると,匈奴,後漢,ヤルカンドなどの干渉を受けつつも,しだいにその南方および南西方の崑崙山脈北麓に位置した且末(チャルマダナ,チェルチェン),小宛,精絶(チャドータ,ニヤ),戎盧などの諸オアシス都市国家を併合して,ロプ・ノール沿岸から西はチャドータに至る広大な地域を支配下に置く鄯善王国の首都となり,この状況は,以後ときに魏,晋,西涼等の進出の時期(大谷探険隊によって将来され,現在竜谷大学図書館に所蔵されている有名な〈李柏文書〉は,328年前涼の西域長史李柏が,ロプ・ノール西岸の海頭から焉耆(えんぎ)王に送った書簡の草稿である)があったにしても,少なくとも4世紀末までは続いたものと思われる。 4世紀末にこの一帯を通過した法顕の記録するところによれば,当時クロライナには小乗仏教を奉ずる国王と4000人の仏僧がいたことが知られ,この僧の数からしても,かなりの都市に成長していたことが推定される。…

※「ニヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニヤの関連キーワード焉耆崑崙山脈回疆タクラマカン哈密カシュガルハミ瓜別失八里ウイグル族新疆の国境

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニヤの関連情報