コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイフェッツ ハイフェッツ Heifetz, Jascha

6件 の用語解説(ハイフェッツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイフェッツ
ハイフェッツ
Heifetz, Jascha

[生]1901.2.2. ビルナ
[没]1987.12.10. ロサンゼルス
ロシア生れのアメリカバイオリニスト。父に手ほどきを受け,9歳でペテルブルグ音楽院に入学,L.アウアーに師事。 1911年からロシア,ドイツ各地で演奏,13年ベルリンフィルハーモニー管弦楽団と共演。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ハイフェッツ(Jascha Heifetz)

[1901~1987]リトアニア生まれの米国のバイオリン奏者。高度の技巧と確かな構成力により、新しい演奏様式を確立した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハイフェッツ

ロシア出身の米国のバイオリン奏者。20世紀前半を代表する名演奏家の一人。リトアニアのビルニャ(現ビリニュス,当時ロシア領)で生まれ,5歳で公開演奏を行うなど神童として鳴らした。
→関連項目オイストラフプリムローズ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハイフェッツ【Jascha Heifetz】

1901‐87
アメリカのバイオリン奏者。ロシア出身。20世紀前半を代表する大家の一人で,まれにみる技巧家として,主情的にすぎる従来の演奏法を排して俊敏で強靱なスタイルを確立,〈ハイフェッツ時代〉を築き上げた。ペテルブルグ音楽院で名教師アウアーに師事,1912年ベルリンでニキシュ指揮のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と協演。ロシア革命勃発により渡米,以後アメリカを本拠に世界的に独奏活動を続け,25年アメリカ市民権を取得。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ハイフェッツ【Jascha Heifetz】

1901~1987) ロシア出身のアメリカのバイオリン奏者。高度の演奏技術で知られ、多くの曲をバイオリン独奏曲に編曲。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイフェッツ
はいふぇっつ
Jascha Heifetz
(1901―1987)

ロシア出身のアメリカのバイオリン奏者。サンクト・ペテルブルグ音楽院でアウアーに師事、1917年のロシア革命と同時に渡米、アメリカを本拠に世界各地に演奏旅行、同門のエルマンジンバリストミルスタインの活動と相まって、ロシア派の名声を世界中に輝かせた。1923年(大正12)初来日。25年アメリカに帰化。切れ味鋭い技巧の持ち主で、それまでバイオリン演奏の主流を占めていたロマン的なリリシズムを投げ捨て、正確で緩みのない造形を重んじた新しい演奏スタイルを築き上げ、20世紀最大の巨匠とたたえられた。第二次世界大戦後はプリムローズピアティゴルスキールービンシュタインと組んで室内楽でも活動した。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハイフェッツの言及

【バイオリン】より


[日本のバイオリン]
 日本にバイオリンが導入されたのは明治時代にさかのぼる。大正時代にはジンバリストEfrem Zimbalist(1889‐1985),F.クライスラー,J.ハイフェッツなどの名演奏家が多数来日し,バイオリンへの関心が高まった。しかしバイオリンが一般化したのは昭和にはいってからであり,第2次世界大戦直前の時期には諏訪根自子,巌本真理,江藤俊哉,岩淵竜太郎などの演奏家が活躍している。…

※「ハイフェッツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハイフェッツの関連キーワードエルマンシゲティシュポーアピアティゴルスキーミルスタインコンチェルト・バロッコ虹色のバイオリンパパのバイオリンイザイエロカテリ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハイフェッツの関連情報