コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイフェッツ ハイフェッツHeifetz, Jascha

6件 の用語解説(ハイフェッツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイフェッツ
ハイフェッツ
Heifetz, Jascha

[生]1901.2.2. ビルナ
[没]1987.12.10. ロサンゼルス
ロシア生れのアメリカバイオリニスト。父に手ほどきを受け,9歳でペテルブルグ音楽院に入学,L.アウアーに師事。 1911年からロシア,ドイツ各地で演奏,13年ベルリンフィルハーモニー管弦楽団と共演。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ハイフェッツ(Jascha Heifetz)

[1901~1987]リトアニア生まれの米国のバイオリン奏者。高度の技巧と確かな構成力により、新しい演奏様式を確立した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ハイフェッツ

ロシア出身の米国のバイオリン奏者。20世紀前半を代表する名演奏家の一人。リトアニアのビルニャ(現ビリニュス,当時ロシア領)で生まれ,5歳で公開演奏を行うなど神童として鳴らした。
→関連項目オイストラフプリムローズ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハイフェッツ【Jascha Heifetz】

1901‐87
アメリカのバイオリン奏者。ロシア出身。20世紀前半を代表する大家の一人で,まれにみる技巧家として,主情的にすぎる従来の演奏法を排して俊敏で強靱なスタイルを確立,〈ハイフェッツ時代〉を築き上げた。ペテルブルグ音楽院で名教師アウアーに師事,1912年ベルリンでニキシュ指揮のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と協演。ロシア革命勃発により渡米,以後アメリカを本拠に世界的に独奏活動を続け,25年アメリカ市民権を取得。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ハイフェッツ【Jascha Heifetz】

1901~1987) ロシア出身のアメリカのバイオリン奏者。高度の演奏技術で知られ、多くの曲をバイオリン独奏曲に編曲。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイフェッツ
はいふぇっつ
Jascha Heifetz
(1901―1987)

ロシア出身のアメリカのバイオリン奏者。サンクト・ペテルブルグ音楽院でアウアーに師事、1917年のロシア革命と同時に渡米、アメリカを本拠に世界各地に演奏旅行、同門のエルマンジンバリストミルスタインの活動と相まって、ロシア派の名声を世界中に輝かせた。1923年(大正12)初来日。25年アメリカに帰化。切れ味鋭い技巧の持ち主で、それまでバイオリン演奏の主流を占めていたロマン的なリリシズムを投げ捨て、正確で緩みのない造形を重んじた新しい演奏スタイルを築き上げ、20世紀最大の巨匠とたたえられた。第二次世界大戦後はプリムローズピアティゴルスキールービンシュタインと組んで室内楽でも活動した。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のハイフェッツの言及

【バイオリン】より


[日本のバイオリン]
 日本にバイオリンが導入されたのは明治時代にさかのぼる。大正時代にはジンバリストEfrem Zimbalist(1889‐1985),F.クライスラー,J.ハイフェッツなどの名演奏家が多数来日し,バイオリンへの関心が高まった。しかしバイオリンが一般化したのは昭和にはいってからであり,第2次世界大戦直前の時期には諏訪根自子,巌本真理,江藤俊哉,岩淵竜太郎などの演奏家が活躍している。…

※「ハイフェッツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ハイフェッツの関連キーワード度量衡任意出頭被疑者賄賂罪正岡子規新興市場燃料棒レジ袋有料化J3PISA

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハイフェッツの関連情報