ハイライト(読み)はいらいと

  • highlight

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

画面の一部を明るく表示すること。たとえば、ワープロなどで、選択部分を示す場合がある。DTPでは写真原稿や画像の明るい部分を指すとして用いられる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

絵画・写真などで、最も明るく見える部分。
最も興味を引く部分・場面。映画・演劇の見せ場や、行事・催し物などの呼び物。「今年のニュースのハイライト」「オリンピックのハイライトシーン」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

JTが製造、販売するタバコのブランド、また、その商品名。1960年6月、販売開始。タール17mg、ニコチン1.4mg、20本入り。「ハイライト」ブランドとして、ほかにメンソールタイプがある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

絵画や写真で、特に明るい部分や白く見える部分。
演劇・映画・スポーツ・ニュースなどの、最も興味をそそる場面やできごと。 今週の-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (highlight)
① 絵画・写真で、最も明るく見える部分や白色部分。⇔シャドー
※へぼ胡瓜(1921)〈岡本一平〉一五「つひこの間も夫人の肖像を頼まれてその鼻の先の高光(ハイライト)を当てるのに真珠色にした」
② 最も興味をそそる部分や場面。スポーツ・放送番組・演劇などの見せ場や、催し物などの呼び物。圧巻。
※無人境のコスモポリタン(1950)〈林達夫〉「時代のハイライトにある時々刻々めまぐるしく進展する『時局的』問題には、実はそれほど興味がありません」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のハイライトの言及

【タバコ(煙草)】より

… 日本経済が高度成長期に入るのとほぼ時を同じくして,日本のタバコ事業は急速に近代化を進め,一大飛躍をとげた。60年のフィルター付きタバコ〈ハイライト〉の登場が,タバコの消費革命をひき起こした。除骨葉方式と高速巻上機に代表される技術革新は,タバコの製造工程を一新するとともに,タバコ工場の合理化をおし進めた。…

※「ハイライト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ヘイトスピーチ

「憎悪にもとづく発言」の一形態。匿名化され、インターネットなどの世界で発信されることが多い。定義は固まっていないが、主に人種、国籍、思想、性別、障害、職業、外見など、個人や集団が抱える欠点と思われるも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハイライトの関連情報