コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハチクイ Merops ornatus; rainbow bee-eater

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハチクイ
Merops ornatus; rainbow bee-eater

ブッポウソウ目ハチクイ科。全長 19~21cm。全体が緑色で,後頭部は栗色である。黒い過眼線があり,喉は黄色で下側に栗色と黒色の順で横帯がある。腰と上尾筒青色後縁は黒い。尾羽は黒色で緑色の縁があり,中央 2枚は長く伸びる。オーストラリアで集団繁殖し,北部では周年見られるが,南部にすむ鳥は冬季には北部かニューギニア島マルク諸島などへ渡る。日本では 1904年に宮古島で捕えられた記録がある。なお,ハチクイ科 Meropidaeは 27種からなり,全長 15~36cm,は細長く,下方に湾曲し,脚は短い。羽色は一般に緑色を主とし,鮮やかな赤色,黄色,青色,茶色などの斑のある派手な色彩をしている。昆虫類を主食とし,特にハチ類を好んで食べる。森林,サバナ,草原などに生息する。おもにアフリカユーラシア大陸の温帯熱帯に分布し,オーストラリアには本種だけが生息する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハチクイ
はちくい / 蜂喰
bee eater

広義には鳥綱ブッポウソウ目ハチクイ科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの一種をさす。この科Meropidaeの仲間は3属23種があり、アフリカ、ヨーロッパ南部、インド、東南アジア、南太平洋の島々、オーストラリアなどに分布する。全長17~35センチメートル、体は赤、緑、黄、青、茶、黒と色彩豊富で、嘴(くちばし)は細くて下に曲がり、中央尾羽は伸びてとがっている。崖(がけ)や土に穴を掘って、集団で繁殖する。飛んでいるハチ、トンボ、甲虫などを空中でとらえ、枝や石に止まって食べる。とくにハチ類が主食で、ハチクイの名もこの食性に由来する。
 種のハチクイMerops ornatusは、オーストラリア、ニューギニア島などに分布し、全長約20センチメートル、体は緑色で背や尾は青色、過眼線と胸に黒い帯がある。1904年(明治37)宮古島での記録がある。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハチクイの関連キーワードハチクイ(蜂喰)ハチクイモドキキヌバネドリ目キツツキ目高野伸二キリハシ合趾足蜂喰擬鳥類蜂喰

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android