コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハチクマ ハチクマ Pernis ptilorhynchus; honey buzzard

3件 の用語解説(ハチクマの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハチクマ
ハチクマ
Pernis ptilorhynchus; honey buzzard

タカ目タカ科。全長は雄 56cm,雌 62cm。背面は暗褐色,顔は灰褐色で,黒い顎線がある。下面は個体によって違いがあるが,淡褐色の鳥が多く,胸に縦斑がある。尾には黒い横帯がある。南北に別の集団があり,北部はシベリア南部から東アジアカムチャツカ半島,日本に,南部はインドから東南アジアに繁殖分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハチクマ

タカ科の鳥。翼長40cm。全身褐色だが,個体によって羽色に変異が大きい。東アジア北部で繁殖し,東南アジアで越冬する。日本では北海道と本州で繁殖。丘陵地から低山の森林にすみ,高木に巣を作る。
→関連項目タカ(鷹)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハチクマ
はちくま / 蜂熊
honey buzzard
[学]Pernis apivorus

鳥綱タカ目タカ科の鳥。ユーラシア中部に分布する。日本には夏鳥として渡来し、四国以北で繁殖する。全長約57センチメートルでトビよりやや小さい。体の下面の色彩には変化が多いが、上面は褐色で、尾に太い横帯があるだけである。低山から山地の林にすみ、とくにハチの幼虫を好むが、カエルやヘビもとらえる。大木の枝上に営巣する。秋になると群れをつくって、同じタカ科のサシバとともに渡りをする。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハチクマの関連キーワード大鷹熊鷹タカ(鷹)クマタカ(熊鷹)タチヨタカ(立夜鷹)ツミ(雀鷂)ノスリ(鵟)ハイタカ(鷂)ミサゴ(鶚)ヨタカ(夜鷹)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハチクマの関連情報