ハーグ密使事件(読み)ハーグみっしじけん(英語表記)Haeg milsa sakǒn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隆煕1 (1907) 年6月,オランダハーグで開かれた第2回ハーグ平和会議朝鮮 (大韓帝国) の高宗皇帝密使派遣し,光武9 (05) 年の第2次日韓協約 (保護条約) が日本の強圧によるもので無効であることを訴えた事件。日本代表小村寿太郎の妨害工作だけでなく,すでに桂=タフト密約,第2次日英同盟,日露講和条約などで,日本の朝鮮支配を欧米列強に了解させていたので,この密使の要請を欧米代表が取上げなかったため,失敗した。この計画は宮廷の御雇教師 H.ハルバートが立案したもので,この事件で統監伊藤博文は皇帝に抗議し,日本の外務大臣林薫と協議のすえ,皇太子摂政を強く要求した。7月 19日皇帝は詔書で皇太子の摂政を発表したが,日本側はこれを譲位と宣伝し,ついに摂政に譲位させた。民心は険悪になり,各所官憲や日本人と衝突,李完用内閣閣僚は暗殺を恐れて日本側に保護を求めるなど騒擾状況のなかで同 27日日本の傀儡として純宗皇帝が即位し,日韓新協約が結ばれ,8月1日には軍隊が解散されて,日本は朝鮮の内政干渉権までを手にした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

1905年の第2次日韓協約で日本に外交権を奪われた韓国(大韓帝国)が,1907年ハーグで開催中の第2回万国平和会議に韓国皇帝の全権委任状をもった密使を派遣,主権の回復を訴えようとした事件。提訴は拒絶され,日本はこれを機に,韓国皇帝を譲位させ,第3次日韓協約を結び,韓国軍を解体させた。密使の一人李儁(りしゅん)は〈平和会議〉と銘打って侵略戦争を容認し合う国際会議に抗議して自決。→ハーグ平和会議
→関連項目高宗李朝(朝鮮)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1907年6月,オランダのハーグで第2回万国平和会議が開かれることを知った朝鮮国王(高宗)は,国際会議の場で朝鮮が日本の支配下におかれていることの窮状を訴え,日韓保護条約(1905)が無効であることを列国に承認させようと計画,アメリカ人H.B.ハルバートらの援助を得て,李相卨(りそうせつ),李儁(りしゆん),李瑋鍾(りいしよう)の3名を代表としてハーグへ派遣した。彼らは平和会議への朝鮮代表の参加を実現しようと試みたが,朝鮮は〈外交権〉を失っているという理由で受け入れられなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

1907年(明治40)ハーグでの第二回平和会議に韓国が日本の併合政策に抵抗して密使を派遣した事件。外交権を失っていた韓国は参加を拒否され、以後、日本は韓国保護国化を急いだ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

一九〇七年、韓国が日本の侵略行為から自国の独立を守るため第二回ハーグ平和会議に密使を派遣、侵略の真相を訴えようとして会議参加を拒否された事件。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

ハーグの万国平和会議で韓国保護条約の無効を訴えるため,韓国の高宗が密使を送った事件
1907年6月,オランダのハーグで開かれる第2回万国平和会議に,韓国皇帝の高宗は3人の密使を送って日本の侵略の不当性を訴えようとしたが,列強の拒絶により会議への参加も拒絶された。これを機会に日本は高宗を詰問して退位させ,7月に第3次日韓協約を押しつけて韓国軍を解散させた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

1907年,オランダのハーグで開催中の万国平和会議に韓国皇帝が独立の回復を訴えた事件
韓国は1905年の第2次日韓協約(日韓保護条約)により外交権を日本に奪われ,保護国とされたので,韓国の排日派をハーグに送り,日本の韓国支配の無効を訴えようとしたが,韓国に外交権のないことを理由に拒否された。この事件により皇帝は退位させられ,内政権を奪う第3次日韓協約が締結された。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android