コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハープ[harp、arpa(伊)] ハープ

音楽用語ダスの解説

ハープ[harp、arpa(伊)]

たいていの弦楽器は響板と弦が平行だが、ハープの弦は響板から立ち上がるように張ってある。開放弦のまま奏されるのが普通である。腰掛けて胴の上部を右肩にもたせかけ、両手の小指以外の4指の指頭で弾く。ヨーロッパのハープは、1810年にエラールによってダブルアクション・ハープが発明されて、近代的完成をみたといえる。ペダルを踏んでいないときは変音(変ハ長調)、1段踏むと本位音、2段踏むと嬰音になり、すべての半音が作れるようになった。ただし、本質的には全音階的な楽器で、半音階的な演奏は構造上制約がある。今日の標準的なコンサート・ハープは46~47弦で、ペダルは7つある。また、アイルランドの国民的な楽器となっているアイリッシュ・ハープは、ヨーロッパのハープの中でも独特な地方色で名高い。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone