コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハープ[harp、arpa(伊)] ハープ

1件 の用語解説(ハープ[harp、arpa(伊)]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

ハープ[harp、arpa(伊)]

たいていの弦楽器は響板と弦が平行だが、ハープの弦は響板から立ち上がるように張ってある。開放弦のまま奏されるのが普通である。腰掛けて胴の上部を右肩にもたせかけ、両手の小指以外の4指の指頭で弾く。ヨーロッパのハープは、1810年にエラールによってダブルアクション・ハープが発明されて、近代的完成をみたといえる。ペダルを踏んでいないときは変音(変ハ長調)、1段踏むと本位音、2段踏むと嬰音になり、すべての半音が作れるようになった。ただし、本質的には全音階的な楽器で、半音階的な演奏は構造上制約がある。今日の標準的なコンサート・ハープは46~47弦で、ペダルは7つある。また、アイルランドの国民的な楽器となっているアイリッシュ・ハープは、ヨーロッパのハープの中でも独特な地方色で名高い。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハープ[harp、arpa(伊)]の関連キーワード弦鳴楽器擦弦楽器晶帯撥弦楽器リュート響板打弦楽器小弦

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone