コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレエ・リュス バレエ・リュスBallets Russes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バレエ・リュス
Ballets Russes

セルゲイ・パブロビッチ・ディアギレフが 1909年組織したロシア・バレエ団。当初,おもにマリインスキー劇場バレエ団出身のアンナ・パブロワ,タマラ・カルサビナ,ワスラウ・F.ニジンスキー,アドルフ・ボルム,ミハイル・ミハイロビッチ・モルドキンらのダンサーが集まり,振り付けはミハイル・フォーキンが主力になって『シェエラザード』『火の鳥』『ジゼル』『レ・シルフィード』『ばらの精』『牧神の午後』などを上演。後期になるとオルガ・スペシツエワ,リディア・ロポコワ,アントン・ドーリン,セルジュ・リファール,アレクサンドラ・ダニロワがダンサーとして,レオニード・マシーン,ジョージ・バランシン,ブロニスラワ・F.ニジンスカが振付師として加わり,『結婚』『ブティク・ファンタスク』などを上演した。舞踊家に加え,前衛作曲家,画家,詩人らを結集し,バレエの総合芸術化を企ててその革新に成功したバレエ団として知られる。絶大な人気を得たが,1929年ディアギレフの死とともに解散。参加した芸術家はその後それぞれの分野の一線で活躍した。そのなかには,台本を書いていたジャン・コクトーや作曲家のエリック・サティ,ニコライ・A.リムスキー=コルサコフ,イーゴリ・フョードロビッチ・ストラビンスキー,画家はパブロ・ルイス・イ・ピカソ,ジョルジュ・ルオー,アンリ・エミール・ブノアマチスらがいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

バレエ・リュス

バレエ史上最も重要なバレエ団。ロシアの興行師セルゲイ・ディアギレフが、ロシア帝室マリインスキー劇場バレエ団のダンサーたちを集め、結成したカンパニー。1909年のパリでの旗揚げ公演が一大バレエ・ブームを引き起こした。当時、芸術の中心地だったパリのバレエは低水準の娯楽に成り下がっていたが、ディアギレフの公演によってバレエ芸術は再評価されることになり、これが現在の世界的なバレエの隆盛につながる。また美術、ファッションなどにも多大な影響を及ぼした。ピカソ、ローランサン、ルオー、ドビュッシー、ラベル、リヒャルト・シュトラウス、ストラビンスキー、サティらがこの一座の活動に参加し、ダンサーとしてはニジンスキー、マシン、カルサビナ、リファールらを世に送った。29年、ディアギレフの急死によって解散したが、影響力はその後も残り、50年代までバレエといえばバレエ・リュスのことを意味したほどであった。

(鈴木晶 舞踊評論家 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バレエ・リュス
ばれえりゅす

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バレエ・リュスの関連キーワードバレエ・リュス・ド・モンテカルロサンフランシスコ・バレエ団オーストラリア・バレエ団モンテカルロ・バレエ団パリ・オペラ座バレエ団B.F. ニジンスカシャルル ジュドバレエ・スエドアペトルーシュカルビンシテインエグレフスキーユースケビッチクシェシンスカドブジンスキートールチーフゴンチャロワペトルーシカパリの喜びコティヨンラリオノフ

バレエ・リュスの関連情報