コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パワー・ポリティクス power politics

翻訳|power politics

1件 の用語解説(パワー・ポリティクスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パワー・ポリティクス【power politics】

国内政治であれ国際政治(世界政治)であれ,政治の本質は権力闘争にあるというとらえかたは,古来,政治的リアリズムの思惟を触発してきたもっとも一般的な政治観である。この視点から遂行される政治をパワー・ポリティクス(権力政治)という。そこでは権力の獲得,拡大,維持が政治行動の規範となる。 この言葉がとりわけ国際政治に関連させて用いられるのは,国際社会固有の構造,すなわち共通の価値観と紛争解決の制度や手続を保証する中枢権力とを欠き,そのため諸国家はそのパワーの行使によってのみ国家目標を達成することができるという,いわばアナーキーな状態が支配的なためである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パワー・ポリティクスの関連キーワード岡義武多頭政治内政パワーポリティックス政治社会であれ神川彦松高坂正尭高橋進(3)武者小路公秀

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パワー・ポリティクスの関連情報