コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パータリプトラ パータリプトラ Pāṭaliputra

5件 の用語解説(パータリプトラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パータリプトラ
パータリプトラ
Pāṭaliputra

古代インドの都市。中国では華氏城,華子城と意訳されている。今日のビハール州パトナガンジス川の南岸にあり,前5世紀マガダ国アジャータシャトルが城塞を築いたのに始り,ほどなくマガダ国の都をラージャグリハ (王舎城) からこの地に移した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

パータリプトラ(Pāṭaliputra)

インド、ガンジス川河畔の古代都市。前5世紀、マガダ国の阿闍世(あじゃせ)王が築き、北インドの政治・経済の中心となった。阿育王の治世に、第三結集(けつじゅう)が行われた地としても知られる。現在のビハール州の都市パトナ近郊に遺構が残る。華氏城。華子城。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パータリプトラ【Pāṭaliputra】

古代インドの都市で,マガダ国の首都。パータリPāṭali,パータリプッタPāṭaliputtaなどとも呼ばれ,漢訳仏典では華氏城,華子城と記される。現在のビハール州の州都パトナーの付近で,ガンガー(ガンジス)川南岸に位置する。釈迦時代(前6~前5世紀)にマガダ国のアジャータシャトル(阿闍世)王がここに城塞を築き,さらに彼の後を継いだウダーインUdāyin(ウダーヤUdāya)がラージャグリハ(王舎城)から遷都した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

パータリプトラ【Pātaliputra】

インド、ガンジス川の中流南岸に臨むパトナにある古代都市遺跡。紀元前五世紀マガダ王国の都となり繁栄。七世紀には荒廃。華子城かしじよう

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パータリプトラ
ぱーたりぷとら
Paliputra

古代インド、マガダ国の都。漢訳仏典では華氏(かし)城、華子(かし)城などと記される。もともとガンジス川河畔の一村落であったが、紀元前5世紀初めにマガダ国のアジャータシャトル(阿闍世(あじゃせ))王によってこの地に城塞(じょうさい)が築かれ、その子ウダーインの時代にラージャグリハ(王舎城)からここに都が移された。その後、ナンダ朝(前4世紀)、マウリヤ朝(前4~前2世紀)などマガダに興った諸王朝の都となり、また後4世紀に興ったグプタ朝(~6世紀)もここを都とした。マウリヤ朝初期にこの地を訪れたギリシア人メガステネスと、グプタ朝中期に訪れた中国僧の法顕(ほっけん)は、ともにこの都市と宮殿の壮大さに驚嘆している。約1000年にわたり北インドの政治、経済の中心であったが、グプタ朝の衰退とともに重要性を失った。今日、パトナ市郊外のクムラハールなどから、宮殿跡や城壁跡が発掘されている。[山崎元一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパータリプトラの言及

【パトナー】より

…人口91万7000(1991)。位置は古代のパータリプトラをほぼ踏襲する。ガンガー(ガンジス)川が北からガンダク川,南からソーン川を合わせる同川中流域平野の要地を占め,古くから都市文明を発展させてきた。…

【マウリヤ朝】より


[帝国の成立]
 マウリヤ朝はナンダ朝を倒したチャンドラグプタ(在位,前317ころ‐前293ころ)によって創始された。彼は都のパータリプトラで即位したのち,ただちに西北インドからギリシア勢力を一掃した。また前305年ごろシリアのセレウコス朝の軍を退けてこれと講和を結び,アフガニスタンの東半を含むインダス川西方の地を獲得した。…

※「パータリプトラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パータリプトラの関連キーワード王舎城シュラーバスティーバイシャーリーバーガルプル頻婆娑羅鶏雀寺鶏足山ビハールマガダ国・摩掲陀国・摩伽陀国マガダ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone