コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒガラ(日雀) ヒガラcoal tit

翻訳|coal tit

世界大百科事典 第2版の解説

ヒガラ【ヒガラ(日雀) coal tit】

スズメ目シジュウカラ科の鳥(イラスト)。全長約11cm。日本のシジュウカラ科の鳥の中ではもっとも小さい。短い冠羽をもち,頭上とのどが黒く,ほおと後頸(こうけい)は白色。下面も白い。上面は灰青色で,翼には2本の白帯がある。繁殖期には亜高山帯針葉樹林落葉樹針葉樹混交林にすみ,雄は高木のこずえに止まり,ツツピンツツピンと早口に繰り返してさえずる。5~6月に,天然の樹洞を巣孔とし,コケ類を使って皿形の巣をつくり営巣する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android