コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒガラ(日雀) ヒガラ coal tit

翻訳|coal tit

1件 の用語解説(ヒガラ(日雀)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒガラ【ヒガラ(日雀) coal tit】

スズメ目シジュウカラ科の鳥(イラスト)。全長約11cm。日本のシジュウカラ科の鳥の中ではもっとも小さい。短い冠羽をもち,頭上とのどが黒く,ほおと後頸(こうけい)は白色。下面も白い。上面は灰青色で,翼には2本の白帯がある。繁殖期には亜高山帯針葉樹林落葉樹針葉樹の混交林にすみ,雄は高木のこずえに止まり,ツツピンツツピンと早口に繰り返してさえずる。5~6月に,天然の樹洞を巣孔とし,コケ類を使って皿形の巣をつくり営巣する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒガラ(日雀)の関連キーワード鳴禽類楓鳥花鳥五十雀四十雀入内雀紅雀川烏葦切

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone