ビタミンB1(読み)ビタミンビーいち(英語表記)vitamin B1

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ビタミンB1」の解説

ビタミンB1
ビタミンビーいち
vitamin B1

別名サイアミン。抗脚気,抗神経炎の働きがある。米ぬかから発見され,植物の種子,酵母や肝臓に多く含まれる。熱に不安定で水溶性。現在では合成されている。ヒトの 1日の最低必要量は 0.5~1.0mgである。ビタミンB1が欠乏すると脚気になる。脚気は白米を主食とする地方に多い病気で,第2次世界大戦前や直後に多発したが,食糧事情の好転に伴って,きわめてまれなものとなった。しかし最近,地方病的な発生が再び報告されている。症状は下肢重感,倦怠感,知覚異常,全身違和感,心悸亢進,下腿浮腫などで,膝蓋腱反射やアキレス腱反射が消失する。ビタミンB1を十分与えると軽快する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ビタミンB1」の解説

ビタミン‐ビーいち【ビタミンB1

〘名〙 水溶性ビタミンの一つ。ビタミンB複合体の一つ。米糠・肝臓・酵母などに多く含まれる。明治四三年(一九一〇)、鈴木梅太郎も米糠から抽出しオリザニンと命名した。欠乏すると脚気・神経炎などを起こす。チアミン

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典「ビタミンB1」の解説

ビタミンビーいち【ビタミンB1

水溶性ビタミンのひとつ。の代謝を促進してエネルギーを産生する過程で必要な酵素の作用を支える栄養素(補酵素)。肉類、魚介類、穀類、豆類などの幅広い食材に多く含まれる。乳酸処理を行う酵素を助け、疲労回復や筋肉痛を解消するほか、神経伝達物質の合成に必要とし、脚気(かっけ)予防、脳・神経機能を正常に保つなどの作用があるとされる。◇「ビタミンビーワン」とも読む。

ビタミンビーワン【ビタミンB1

ビタミンB1(ビーいち)

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉「ビタミンB1」の解説

ビタミン‐ビーいち【ビタミンB1

ビタミンB複合体の一。米ぬか酵母レバーなどに多く含まれ、糖質代謝に関与。欠乏すると脚気(かっけ)・神経炎などを起こす。最初に発見されたビタミンで、鈴木梅太郎も発見しオリザニンと命名した。チアミン。アノイリン

ビタミン‐ビーワン【ビタミンB1

ビタミンビーいち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android