コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミンB1 ビタミンビーいち vitamin B1

7件 の用語解説(ビタミンB1の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビタミンB1
ビタミンビーいち
vitamin B1

別名サイアミン。抗脚気,抗神経炎の働きがある。米ぬかから発見され,植物の種子,胚,酵母や肝臓に多く含まれる。熱に不安定で水溶性。現在では合成されている。ヒトの 1日の最低必要量は 0.5~1.0mgである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ビタミン‐ビーいち【ビタミンB1

ビタミンB複合体の一。米ぬか酵母レバーなどに多く含まれ、糖質代謝に関与。欠乏すると脚気(かっけ)・神経炎などを起こす。最初に発見されたビタミンで、鈴木梅太郎も発見しオリザニンと命名した。チアミンアノイリン

ビタミン‐ビーワン【ビタミンB1

ビタミンビーいち(B1

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ビタミンB1

 →チアミン

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ビタミンビーいち【ビタミンB1

水溶性ビタミンのひとつ。の代謝を促進してエネルギーを産生する過程で必要な酵素の作用を支える栄養素(補酵素)。肉類、魚介類、穀類、豆類などの幅広い食材に多く含まれる。乳酸処理を行う酵素を助け、疲労回復や筋肉痛を解消するほか、神経伝達物質の合成に必要とし、脚気(かっけ)予防、脳・神経機能を正常に保つなどの作用があるとされる。◇「ビタミンビーワン」とも読む。

ビタミンビーワン【ビタミンB1

ビタミンB1(ビーいち)

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビタミンB1
びたみんびーわん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビタミンB1の関連キーワードビタミンLビタミンKビタミンB13ビタミンB2脂溶性ビタミン水溶性ビタミン油溶性ビタミン熱不安定性ビタミン脂溶性ビタミン (fat soluble vitamins)水溶性ビタミン (water soluble vitamins)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビタミンB1の関連情報