コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビフェニル ビフェニル biphenyl

翻訳|biphenyl

7件 の用語解説(ビフェニルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ビフェニル(biphenyl)

《「ビフェニール」とも》炭化水素の一種。二つのフェニル基が結合した構造をもつ。コールタール中に存在し、伝熱媒体・かび防止剤などに用いられる。ジフェニル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビフェニル

フェニルともいう。C12H1(/0)。ベンゼン環2個からなる(フェニル基が2個結合)無色葉状結晶。融点71℃,沸点255.25℃。水に不溶。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ビフェニル

 →ジフェニル

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ビフェニル【biphenyl】

フェニル基が2個結合した構造を有する化合物。ジフェニルdiphenylともよばれる。無色の葉状結晶。融点71℃,沸点255.25℃。水,エチルアルコールに不溶。コールタール中に存在する。2個のベンゼン環は,結晶中では同一平面上にあるが,液相および気相では互いに約45度ねじれている(図)。ベンゼンを赤熱した鉄管に通して合成する。置換ビフェニルの合成法としては,(1)ヨードベンゼン類を銅粉と加熱する方法(ウルマンUllmann反応),(2)ビフェニルに対する芳香族求電子置換反応,(3)ベンジジン転位などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ビフェニル【biphenyl】

フェニル基二個が結合したかたちの化合物。熱媒体、またカビ防止剤として柑橘かんきつ類などに用いられる。毒性がある。ジフェニル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビフェニル
ビフェニル

ジフェニル」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビフェニル
びふぇにる
biphenyl

ベンゼン系芳香族炭化水素の一つ。ジフェニルともいう。
 二つのフェニル基が直接に炭素‐炭素(C-C)結合した構造であるが、2個のフェニル基-C6H5は同じ平面上になく、42度の角でねじれている。芳香をもつ無色の結晶。ヨードベンゼンと銅粉を加熱して合成される(ウルマンの合成法)。このほか臭化ベンゼンをベンゼン中で光分解すると生成する。伝熱媒体として用いられるほか、染料、医薬品などの合成原料としての用途がある。[向井利夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビフェニルの関連キーワードオサゾンカルボニル化合物ジフェニルビニル化ビニル基フェニル基オルトフェニルフェノールジスルフィド結合フェニル酢酸イソアミルモノテルペン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビフェニルの関連情報