フォンテイン

百科事典マイペディアの解説

フォンテイン

英国の女性舞踊家。本名はペギー・フーカムPeggy Hookham。幼いころ父の任地の上海でG.ゴンチャロフ〔1904-1954〕に,のちロンドンでマリインスキー劇場出身のS.A.アスタフィエワ〔1876-1934〕にバレエを学ぶ。1934年ビック・ウェルズ・バレエ団(のちのローヤル・バレエ団)の《くるみ割り人形》でデビュー。その後《ジゼル》《白鳥の湖》など大作の主役を踊り,広範な人気を得る。特に《眠れる森の美女》の主役オーロラは彼女の最大の当たり役ともなった。また,アシュトン振付の新作バレエでもすぐれた解釈を見せた。1956年には駐英パナマ大使も務めたロベルト・アリアスと結婚。1959年に初来日。1961年引退を考えていた時期にヌレーエフと出会い,さらに10年以上もすばらしいパートナーシップを見せて踊りを続ける。著書に自伝《マーゴ・フォンテイン》(1975年)がある。→マクミラン

フォンテイン

アメリカの女優。両親はイギリス人で,日本で生まれる。父は東京帝国大学教授として招かれ英語を教えていた。母は舞台女優。幼時にアメリカに移住。その後両親は離婚,彼女は父親の住む東京のアメリカン・スクールで学び1935年に卒業する。アメリカで舞台俳優としての活動を始めたが,ハリウッドの大プロデューサー,デヴィッド・O・セルズニックに見いだされ,1940年アレフレッド・ヒッチコック監督作品《レベッカ》で主人公を演じ,アカデミー主演女優賞にノミネートされ一躍スターとなった。続けて1941年ヒッチコック監督の《断崖》でアカデミー主演女優賞を獲得,さらにエドマンド・ゴールディング監督作品《永遠の処女》(1943年)でもアカデミー賞にノミネートされ,知的な美貌と演技力でスターの地位を不動のものとした。映画では他に《忘れじの面影》(マックス・オルフェス監督,1948年),《旅愁》(ウイリアム・ディターレ監督,1950年)などが代表作。1950年代半ばから舞台を中心に活動する。姉のオリヴィア・デ・ハヴィランドも2度アカデミー主演女優賞を受賞した大女優で,兄弟姉妹のアカデミー賞受賞はこの姉妹だけである。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フォンテイン【Margot Fonteyn】

1919‐91
イギリスの女流舞踊家。本名はPeggy Hookham。幼時,ボストフに,次いで父の赴任先の上海でゴンチャロフに,ロンドンに戻ってアスタフィエバにバレエを学ぶ。1934年ビック・ウェルズ・バレエ団(のちのサドラーズ・ウェルズ・バレエ団。現在のローヤル・バレエ団)でデビュー,コール・ド・バレエから1年後にはプリマ・バレリーナとなった。20歳までに,《ジゼル》《白鳥の湖》《眠れる森の美女》などの古典を踊り,さらにF.アシュトン振付の新作バレエのすぐれた演舞者となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フォンテインの関連情報