コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フトモモ(蒲桃) フトモモEugenia jambos; rose apple

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フトモモ(蒲桃)
フトモモ
Eugenia jambos; rose apple

フトモモ科の常緑高木。熱帯アジアの原産であるが,アメリカの熱帯地方で広く栽培されている。幹は 10~15mにも達する。葉は革質の長楕円形で,先はとがる。花は総状花序を頂生し,白色またはやや帯緑色花弁は4枚ある。果実黄褐色で円形,が宿存する。果肉芳香があり,食用,特にゼリーやソースに加え,また薬用に使われる。日本では暖かい地方で栽培されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フトモモ(蒲桃)の関連キーワードフトモモ科

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android