コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フトモモ(蒲桃) フトモモEugenia jambos; rose apple

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フトモモ(蒲桃)
フトモモ
Eugenia jambos; rose apple

フトモモ科の常緑高木。熱帯アジアの原産であるが,アメリカの熱帯地方で広く栽培されている。幹は 10~15mにも達する。葉は革質の長楕円形で,先はとがる。花は総状花序を頂生し,白色またはやや帯緑色花弁は4枚ある。果実黄褐色で円形,が宿存する。果肉芳香があり,食用,特にゼリーやソースに加え,また薬用に使われる。日本では暖かい地方で栽培されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フトモモ(蒲桃)の関連キーワードフトモモ科

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android