コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルターニュ(公家) ブルターニュこうけ Bretagne, Ducs de

1件 の用語解説(ブルターニュ(公家)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルターニュ(公家)
ブルターニュこうけ
Bretagne, Ducs de

フランス,ブルターニュ地方を支配した公家。 987年コナン1世のときこの称号を得た。イングランドフランス両王家との血縁関係が重なり,ジャン3世死後,公位の継承をめぐりブルターニュ継承戦争 (1341~65) が起り,イングランド対フランスの百年戦争が激化したが,ゲランドの和約 (65) を経てジャン・ド・モンフォールがジャン4世として公となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルターニュ(公家)の関連キーワードキブロンブルターニュ半島ラ岬シャンベルタンピノノワールバセー・フォーブ・ド・ブルターニュブルゴーニュ公国ブルターニュ地方ブルトン種 (Breton)ガレット・ブルトンヌ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone