コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーツ boots

翻訳|boots

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーツ
boots

くるぶしより丈が長い,閉鎖型はきもの一種。材料はおもに皮革,ゴムなどのほか,最近では合成皮革も用いられる。丈はくるぶしふくらはぎ,膝下,膝上以上の4種に大別できる。はき口は編上げ,ボタン,バックルファスナーなどで開閉するが,ゆるみのあるものは何もつけない。防寒,防水,スポーツ用のほか,一種のおしゃれ用としても用いられる。レインブーツ,ヒップブーツ,スキーブーツ,ハンティングブーツ,乗馬靴,登山靴など多くの種類がある。なお日本では 1960年代に入ってから防寒を兼ねたおしゃれ用の靴として流行し,ブームを生んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブーツ(boots)

くるぶしより上までの長さをもつ深い靴。長靴

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブーツ

短靴に対して長靴,深靴とくに革製のものをいう。長さは足首まで,ひざ下まで,ひざ上までのものなど種々あり,雨靴,乗馬靴,軍装用,防寒と装飾を兼ねたものなどがある。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ブーツ【boots】

くるぶしより上まである深い靴。長靴。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のブーツの言及

【長靴】より

…その素材も,黒色のゴムから,赤や黄など色あざやかなビニル系樹脂などが使用されるようになっている。なお昭和50年代に入って,冬季の女の,続いて男の履物として定着した革製の長靴は,ブーツと呼びならわされている。【高田 公理】。…

※「ブーツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブーツの関連キーワードナチュラリッヒ・バルメフュッセイージートーン リープライズLondon bootsミス ジュリエットエーグランティーヌシャンタベルポップフライトシューズチェルシーブーツウエスタンブーツアンクルブーツマリンシューズデザートブーツランドファストルームシューズベラスティックワラビー(靴)チャッカブーツブーツ(深靴)ブーツレットニーレングス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブーツの関連情報