プロフェッサー

精選版 日本国語大辞典「プロフェッサー」の解説

プロフェッサー

〘名〙 (professor Professor) 教授。大学教授。
※金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉前「イオリンのプロフェッサアなる独逸人は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「プロフェッサー」の解説

プロフェッサー(professor/Prof.)

大学など、高等教育研究機関の教授。
[類語]先生師匠指南役師範宗匠師父教師教員教諭教授教官講師ティーチャーチューターインストラクター尊師恩師旧師先師コーチ名誉教授・客員教授・助教授准教授助教講師助手

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大学事典「プロフェッサー」の解説

プロフェッサー

中世大学に起源を持つ大学の教師(教える人)のこと。プロフェッサー(professor: 英語)とは,「何らかの主題について公的に発言する人」の意味を持つ。ヨーロッパの中世大学では,ラテン語のドクトル(doctor),マギステル(magister),プロフェッソール(professor)は,元来,まったく同義であった。ボローニャ大学では法学教師にドクトルが最もよく使われた。ドクトルが使われたのは,学位(ドクトル)が教師になる資格であったことに由来する。同様にパリ大学の神学,医学,教養の諸学部の教師にはしばしばマギステルが,時にプロフェッソールが使用された。ところが国家による俸給(salaria)(salaria)制の導入に伴い,俸給の有無による教師層の分裂,つまり教師の職階性が生じてきた。イタリアでは15世紀頃まで大学団が学位保持者(ドクトル)から俸給を受ける教師を選んでいたが,この教師の呼び方は教授(プロフェッサー)でもあった。ドイツ語圏では俸給を受ける教師をProfessor(プロフェッソール)と呼ぶ例が14世紀に登場し,その名称は16世紀に確立した。現在大学で使われている「教授」や「professor」という用語は,この俸給を受けた教師,すなわち「有給教師」にその起源を持つ。
著者: 赤羽良一

出典 平凡社「大学事典」大学事典について 情報